てんでバラバラな3人の青シャツさん

どうも、うめちです。


先日書いたように、ボクは、香港版SIMフリーiPhoneの保障を日本でも受けられることを前提に、交換対応をしてもらったらau回線も利用可能になるのではないかと言いました。
それが可能かどうかを確かめるために、Apple Store Nagoya Sakaeにて、数人の青シャツさんに聞いてみました。

・1人目
「そうですね、今ここでは答えを出すことができないのですが…お調べしましょうか?」
もちろんYesと答え、数分待つ。すると…
「はい、こちらが答えとなります。」
と言って持ってきたのはMacBook Pro。
その画面をよく見てみると…
!!!
まさかの、Google検索で、
「香港版iPhone 日本 保証」
でググってらっしゃる((((;゚Д゚)))))))
で、
「よかったら記事をクリックして見ていただいてもいいですよ」
といって指を指しているのは4Sの記事…
ここで直感。
この青シャツさんは、ダメだ…
てか、そんくらいこっちだってググってるわΣ(・□・;)

・2人目
「まず無理ですね。そもそも日本国外のApple製品を日本のApple Storeで修理、交換するのは不可能です。」
とはっきり言われてしまいました( ;´Д`)
この人も、ダメだ…
自分は面倒ごとに関わりたくないって顔に書いてある…
てか、確認もせずに独断でそんなこと言っていいのかよ…

・3人目
「そーですね、僕にはちょっとわからないのですが…Genius Barで確認してきますので、少々お時間いただいてもよろしいでしょうか?」
もちろん快諾し、15分ほど待たされる。
途中、どこかに電話をしていた模様。
そして、ちょっと小走りで戻ってくる。
「お時間いただいて申し訳ありません。システムから確認しようとしたら、Genius Bar関連のサーバーがダウンしてるみたいで…。で、電話にて確認したところ、一応規定上は可能、ということでした。ただ、いつ改正されるかもわからないし、時と場合によってお受けできないことがある、という返答でした。お時間かかりまして大変申し訳ございません。」
はい、120点の対応ですね。
これぞ、Genius Bar、青シャツさんですよ。

てことで、3人の青シャツさんにお伺いしましたが、返答は三人三色、みなさんバラバラでしたw
結局、真相はわからぬまま。
つまり、Genius Barで、どの青シャツさんに会うか、の運試しってことですかねw

今回お話を伺った3人の青シャツさん、ご迷惑をおかけしました。
まさか、Genius Bar関連のサーバーがダウンしてるとは夢にも思わず…
予約の呼び出しを、iPadではなくプリント用紙で行っていたのが、Appleらしからぬ感じでした。
先日は誠にありがとうございました。


でわでわ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する