スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-HRのルームランプをLED化

どうも、うめちです。

過去車すべてで行ってきた恒例行事を、C-HRでも執り行いたいと思います。


納車前に、最高のタイミングで楽天スーパーセールが開催されていたので、相当お安く面発光のLEDルームランプが手に入りました。
ちなみにSグレードなので左側2つのバニティランプ用はお蔵入りですw


ヘッドライトはフルLEDなのに、いまどきルームランプが薄暗いバルブってどうよ…。
ライバルであるホンダのヴェゼルはルームランプもナンバー灯も標準でLEDですからね。


C-HRはフロントルームランプの構造がちょっと複雑なので、ユニットごと取り外す必要があります。
まずは、ユニットを掴んで奥(ルームミラー側)から引っ張ります。
すると写真のように3つのクリップが外れて、配線のみでぶら下がります。
ちなみにボクの場合、クリップが1つ車体側に残ってしまい、外すのに苦労しました。


カプラーを抜いて、ホームベースをゲットw


お次は、印のネジ4本をプラスドライバーで外します。
ネジを紛失する恐れがあるため、室内での作業をオススメします。


ネジを外してカバーを取り外すと、ようやくバルブにアクセスすることができます。
普通、ルームランプはレンズを外すだけで交換できるのですが、C-HRはここまで外してバラさないといけないのでちょっと不便です。


あとは車両のカプラーに接続して、取り付けて終了です。


とにかくめっちゃ明るいww


うーんこのLEDのつぶつぶがいい感じ!


フロントを交換しただけで車内がずいぶん明るくなりました。


お次はリア。こちらも暗いです。


リアは普通にレンズを取り外すことでアクセス可能です。
こんな小さいバルブが1つだけじゃそりゃ暗いわな…。


リアも面積が大きいため明るいぞ……。


車両に貼り付けて固定。


うーんこのつぶつぶ感(2回目)。


室内がとっても明るくなりましたw


最後にラゲッジ。


こいつを交換します。


右側に内張り剥がしを突っ込むと、ユニットが外れます。
カプラーを外して室内に持ち込みます。


黒いカバーを外すと、バルブにアクセスできるようになります。


スペースの関係上、あまり大きなものは入れられないのでここのLEDは控えめです。


それでもこの明るさ。


白はやっぱいいね!


片側だけなのでちょっと暗いですが、まぁ荷物が見えるぐらいなのでいいでしょう。あんまり開けないしね。


外から眺めたら完全に様子のおかしいクルマになってしまいましたw
かなり明るいので、ドアを開けると中が丸見えで恥ずかしいww

というわけで、クルマを買い替えるたびの恒例行事となっているLEDルームランプへの交換が完了しました。
値段の割に明るく大満足です。

実はもうすでに、あれこれ他のパーツも装着済みです。
順番にゆっくりと紹介していこうと思います。


でわでわ。




iPad Proから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。