久々にWinに触れてMacの使いやすさを再認識

どうも、うめちです。

今日、リビングでごろごろしていると、姉が自分のWin機を持ってきて、こちらを見てやたらめったらにこにこしてました。
本能が危機感を感じて、いそいで逃げようとしたところ、
「なんかねー、最近この子(Win機)の調子悪くてぇー…」
と口を尖らせながら一言。そしてこちらをガン見。
こうなると、もう無視することができなくなる情けないボクです。
ま、姉はそれを知っててやってる確信犯ですがw
てか、調子悪いならボクから奪い取った借りっ放しのAcerのやつ使えばいいじゃん…と思っても言えないところが悲しさきわまりない。
だったらMac使えばいいじゃん、と思われる方もおられるかもしれませんが、姉は書類作成の関係でOfficeが必須で、しかもMacのOfficeで作成すると出先のWinで開くとき必ずおかしいものになるってことから、Win機が必須なのです…。

なんでこんなに調子が悪くなるのかって、姉は手から特殊な電磁波を出しているのですーw
今まで壊されたボクの電化製品、数えきれません…。
携帯1台、iPod、PC、iPhone、MacBook Pro 17"(泣)
などなど、総被害額は考えれないほどです…。

さて、件のWinマシンですが、数年前に購入した、富士通のLIFEBOOK、Windows 7搭載のやつです。
さっさー、といじってみたところ、なんだこのPCは…
Windows Updateの件数はすごい数だし、ウイルススキャンに至っては、数ヶ月行われていない…
姉さーん、そりゃ調子悪くもなるわ…。
おまけにHDDは満パン。
どうやら、これが原因みたい。
なんか、バックアップ機能が働いていて、そのバックアップ先がDドライブになっていて、そのバックアップファイルが蓄積されている模様…。

ってことで、まずはその分けわからんバックアップ機能をオフにし、そのファイルを削除。
これだけでだいぶ動きは快調に。

それから、使わないよくわからないソフトがいっぱい入ってたので全部削除。

で、Windows Updateを全部消化。

最後に、おまけでファンのお掃除をして終了。
総行程5時間ぐらい?
わりと原因究明に時間がかかってしまいました…。
ホント、こういう人こそMacを使わなきゃいけない人ですよね。
もちろん、自分のMacを!

でー、久しぶりにWin機弄って感じたこと。

トラックパッド使いにくすぎ!
とにかく、素晴らしいほどに使いにくい。

ここ最近は、Win機もだいぶMacを真似した感じで、大きめでクリックできて、ジェスチャーもある程度使えるトラックパッドが搭載されています。
が、数年前まで、Win機のトラックパッドは、
010l.jpg
表面がザラザラしていて滑りにくく、とても小さく、クリックボタンは別添え、ジェスチャーなんてできたとしてもまともに使える訳がない
って感じのトラックパッドでした。
姉が使用しているものも、例に漏れずこのタイプ。

とにかく使いにくい!

IMG_0172.jpeg
ボクが普段使っているのは、AppleのMagic Trackpad。
MacBookに比べてもさらに大きく、滑りもいいし、ジェスチャーもしっかり使える。
とにかく使いやすすぎる。

でー、姉のPCを使うのがおっくうでたまりませんでした。
ストレスたまるたまる。

ホントに、Macのありがたみがわかりますよ。
Macに初めて触れたのは相当前で、その時はこんな便利なトラックパッドなんてのはなくて、徐々に進化してきて、初めてガラス製のマルチタッチトラックパッドに触れたときには感動したもんです。
それまで(iMac G5、MacBook 黒)は、マウス派だった(てか最初は有無を言わせずマウスだったからそれで慣れた)んですが、MacBook Pro 17"を購入して以来、むしろマウスが使いにくいって思うようになりました。
それ以来、ずっとトラックパッド派。
iMacを購入してMagic Trackpadを使い始めたときには、またさらに感動しました。
だって、MacBook Proの1.5倍ぐらいあるんですもん(感覚)!

Windowsの欠点は他にも多々あります(ソフトのインストールが、ゴミ箱に突っ込むだけで終わらないとか)が、このトラックパッドに関してはホントに重要。
ま、最近は、あれですよね、Macのまねごとみたいな感じでどこのメーカーのマシンもでっかいトラックパッド積んでますけどね。


てことで、久しぶりにWindowsに触れてMacintoshの使いやすさを再認識した話でした。


でわでわ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する