iPhone 4Sのバックパネルを交換せんとす。

どうも、うめちです。
結局、お休みを報告してからだいぶ休んじゃいました。スミマセン...。

さて、今日は、初めてのiPhoneネタを。
えー、今ボクの手元には、SIMフリーのiPhone 4Sがあるわけですが、購入してもう随分たつ訳ですが...
最近、もっさりしてきたんですよねー...。
こんなんでiOS 7は動くのか、と不安です(←とかいいながら新しいもの好きで、公開されたら絶対すぐインストールする人。iOS 5の時はおおじょうこいた。データが全部ふっとんだからw)。
で、このままだと勢いで絶賛一括0円キャンペーン中のiPhone 5を購入しかねないので、それを抑える目的もかねて、心機一転、バックパネルの交換をしてみました。

ここで注意。
・この改造を施した時点で、いかなる場合でもAppleの保証対象外になります(Apple Careに加入していても)。
・このエントリはバックパネルを交換したことが原因の故障が起きないことを保証するものではございません。あくまで自己責任で。
・また、この改造に関する質問は受け付けませんのでご了承ください。
注意おわり。

では、初めていきましょう。

まずは手術予定。
1.iPhone下部の星形ネジ2個を特殊ドライバーではずす(この際、ネジ山を舐めないように注意。あまり力を入れすぎないこと)。
2.バックパネルを上にスライドし、持ち上げてはずす(ギュっと上までスライドしないとはずれません)。
3.新しいバックパネルをはめ、下にスライド(これもギュっと下にスライドしないと隙間が空いてしまいます)
4.ネジ2本をしめる。
以上。
とっても簡単でしょ?
本当は表側のパネルもかえたかったけど、モノが高いのと、行程が難しいので断念(不器用なんです...)。

では、初めていきます。
今回購入したのは、
DSC00989.jpg
このスケルトンバックパネル。ちゃんと4S用です。
そして、嬉しいのが星形ドライバーがついていること。ボク持ってなのでw

DSC00990.jpg
取り出します。
ここでボク、大きな過ちを犯してしまったことに気がつきました。
なんと、このバックパネル...

Appleロゴがついていなかった

のです!
あぁ、もうあの輝かしいAppleマークを拝むことはできないのか...。
こんな間違いをするとは...
悲しいです。
まぁでも次期iPhoneまでのつなぎだから...と自分を言い聞かせる、っと。

でわでわ、純白の輝かしいiPhone 4Sを、いざ手術台に!
DSC00988.jpg
どんっ!
おお、お年を召されてもなんとお美しい...
惚れ直すわん!
ああ、このお美しい身体にメスをいれるなんて、手が震えるぜ...いや、落ち着け、これは武者震いだっ!
なんて言ってても始まりませんので、いざ。

まず、慎重にネジをぐるぐる。
......。
......。
......。
はずれたっ!

つぎに、慎重にバックパネルをスライドして...
うんしょ!
DSC00991.jpg
はずれたっ!
左下にあるのが、身ぐるみをはがされて恥ずかしそうに裸になられているiPhone 4S、左上が先ほどまで4Sがお召しになられていた純白のお洋服、右上が、これから4Sがお召しになられるスケスケのお洋服、右下がバックパネルに付属してきた星形ドライバーです。

さて、今度はスケルトンの方をはめて...っと。

最後にネジをはめて終了!
でけた!!


え?終了後の写真はないのかって?
いや、それは4Sちゃんがはずかしがってますしー。
嘘です。
撮ったと思ったんですが、データがなくて、めんどくさくなっちゃいました☆
暗闇の中で画面を光らせると、その光漏れがまた綺麗だのなんだの、って。
惚れ直しました!
まぁ、4Sちゃんのお許しがでたら乗っけますよw

おそらく来月発表されるであろう次期iPhoneまで耐えようプロジェクトでした!

愛しのiPhone 4Sに、惚れ直したボクであった。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する