ついにiOS民にもMSOfficeが(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु

どうも、うめちです。

ついに、ついに、ついに!
我らがiOSへ、MicrosoftがOfficeの提供を開始しました。



しかもお値段なんと無料!無料ですよ!
(某TKT社長風)
今まではOffice 365加入者じゃないと利用できませんでしたが、本日より全ユーザーが利用可能になりました!


きました!念願のOffice画面!
何年この画面を夢見てきたか…。


使用開始!!!


ここで、前画面をよく見なかったボクは、いつも使うアドレスを入力するのだと勘違いし、入力してみると、あれ弾かれた…。
はい、Microsoftアカウントのアドレスを入力するみたいです。
入力すると、Microsoftアカウントのログイン画面に飛ばされます。


なるほどなるほど、共有画面からファイル開けるのか。


ありがとうございます!!!


この画面で、ログインしたMicrosoftアカウントのOneDrive上にあるデータが表示されます。
ボクはDropboxへぶっこんであってOneDriveは全く使っていないので、ひとつしかファイルがありませんでしたwww


開くボタンをタップすると、OneDriveからファイルを開くことができます。


新規からは、ExcelファイルとWordファイルを作成することができます。
なぜかPowerPointファイルを作成する項目はありませんでした。


Wordでの編集、閲覧画面です。
ちなみに、バーの色がWordカラーになっていますw芸が細かいw


Excelでの編集、閲覧画面です。
バーの色はExcelカラーに。


PowerPointでの編集、閲覧画面です。
バーの色はPowerPointカラーに。


WindowsのPowerPoint 2013で作成したものを開いてみました。
横スライドで送り/戻しを行うことができます。
下にはノートの編集、閲覧画面が。
全く問題なく開くことができます。


こちらはWindowsのExcel 2003で作成したものです。
Office 2003以前のxlsファイルも問題なく開くことができます。


こちらはWindowsのExcel 2007で作成したものです。
Office 2007以降のxlsxファイルも問題なく開くことができます。

と、ひとしきりチェックしてみましたが、互換性等の問題はみられませんでした。
iPhoneの画面サイズでは少し使いづらいですが、同時にAndroid版もリリースされており、たとえばXperia Z Ultraとかだったらとても快適そうです。

米国ではiPad版のOffice Appもリリースされているようですが、こちらはOffice 365加入者限定でフル機能を利用可能、一般ユーザーはファイルの閲覧のみ可能ということです。

何にしても、無料で使えるというのは素晴らしいですねー。
このノリで、Windows版、Mac版も無料化してくれないかしらん。
ほんとね、高いんですよねぇ、Officeって…
でもないとないで困りますし…。
難しいところです。

でわでわ。

iPhone 5cから投稿

Posted from するぷろ for iOS.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する