Visaデビットカードに申し込みました

どうも、うめちです。

ボクは普段、Apple IDもPSNもAmazonも楽天もその他のサービスも全て1枚の楽天カード(JCBのクレジットカード)でまとめて支払っているのですが、最近ふと思ったのが、
仮にどこかからカード情報が流出した場合、メインバンクがもろに被害に遭う
ということ。
ボクはめんどくさがりなので、カードの引き落としはメインバンクからになってます。
ホントは危ないとわかっているのですが、口座を変えるのもなんだかめんどくさくて…。
口座を変えるとなると、使うたびに残高を気にして口座に貯金しなければいけなくなります。

そこで、調べてみました。

すると、Visaデビットカードというカードにたどり着きました。
そもそもデビットカードとは、銀行口座にある現金分だけ、クレジットカードが使えるお店で、その場で決済(引き落とし)されるものです。
そして、Visaデビットカードは、Visaカードが使える全てのお店(海外でも)利用可能なのです。

ちなみにクレジットカードのように後払い制ではないため煩雑な審査も不必要です。
とゆーことで、早速申し込んでみることにしました。

選択肢はいろいろありますが、今回は楽天銀行デビットカードに申し込みました。
なぜ楽天銀行かというと、楽天銀行のデビットカードは(てか他もそうだと思いますが)、キャッシュカードの機能も兼ね備えていて、そのキャッシュカードの口座から決済が行われるのですが、入金がどこのコンビニATM(セブン銀行とか)でも可能なのです。
これなら、時間を考えなくても、帰りに入金しておいて買い物するということも可能です。

そして、デビットカードの最大のメリットとして、紛失したりカード情報が流出して悪用されても、最悪登録されている口座(この場合は楽天銀行)に入っている金額しか被害を受けないので、被害を最小限に抑えることができます。

ちなみに、今回は発行のスピードと楽さから楽天銀行デビットカードを選びましたが、他にも年会費がいらないカードもあります(楽天の場合年会費必要)。

インターネットで頻繁にクレジットカードを利用する方は、信用できるところ(例えばAmazontとか)以外はデビットカードに置き換えるという手段を選ぶと、少なくとも被害は少なくなると思います。


でわでわ。

iMacから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する