EJECTキーの謎。いつ押すの?

どうも、うめちです。

突然ですが、ボクには、iMac購入以来どーしても解けない謎があります。

それは、Apple Wireless Keyboardの

EJECTキーについてです。

"いつ押すの?"

あ、いや、これは別にフリをしたわけじゃないですからね、うん。断じて。

知ってる方も多いかもしれませんが、このEJECTキーは、

Apple USB SuperDriveにしか利用できないのです。
つまり、例えば、ボクのように、

サードパーティのBlu-rayドライブなんか使ってる人(多分こっちの方が多いw)は、押す機会なんてないわけです。

ちなみに、うちのドライブの場合、ディスクが挿入されている状態のときはドライブ本体のEJECTボタンを押しても反応してくれないので注意が必要です。
ボクは最初、これを知らなくて相当焦りましたw
これは、OSがロック(?)しているためで、OS側から取り出してあげればかちゃん、と出てきます。

そんなわけで、SuperDriveを搭載しているMacを使っていない限り、押す機会がないのです。

ここで思い出すのが、MacBook Air。
MacBook Airには現在、EJECTキーはありません。
実は、初代からLate 2010までは、MacBook AirにもEJECTキーがありました。
しかし、Late 2010で筐体が変更されたとき、従来までキーボードの外に在った電源ボタンがキーボードの中、EJECTキーの位置に入ってきました。
ただ、Late 2010では、従来搭載されていたキーボードバックライトが廃止されたので、F7から右のファンクションキーがすべてひとつずつ左にずれる形で、破綻がありませんでした。
しかし、次のMid 2011であっさりキーボードバックライトが復活してしまったため、そのままではファンクションキーの配列に破綻が生じてしまいます。
そこで犠牲となったのが、EJECTキーだったのです。
いまではそれが定番となり、MacBook Airのみならず、MacBook Pro Retinaも同じくEJECTキーを持ちません。

つまりなにがいいたいのか?

"Wireless KeyboardにもEJECTキーは必要ない"

です。
正直、現状デスクトップのラインナップ、iMac、Mac mini、Mac Pro、どれをとってもSuperDriveは搭載されていないんですよね。
いち早くMac miniは廃止されましたが、ついにMac Proも廃止されたのです。
そして、AppleはBlu-rayドライブを出す気が全然ない。
とゆーわけで、EJECTキーなんていらんのです。

ボクの要望としては、代わりに電源キーをつけて欲しいです。
iMac、Mac mini、Mac Pro、どれをとっても電源ボタンは非常に押しづらいです。
だから、キーボード上でできたら楽だなー、なんて。
ほら、一時期流行ったでしょう?キーボードでPC本体の電源が入れられるやつ。
イメージはそんな感じです。

とゆーか、Appleさん、いい加減バックライト搭載の新しいキーボード出してくらないかしらん。

でわでわ。

iPhone 5sから投稿

Posted from するぷろ for iOS.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する