意を決してiMacをYosemiteに

どうも、うめちです。

ついに、やってしまいました。

現在、iOS 8の機能を最大限活用するには、MacをYosemiteにアップデートする必要があります。
iCloud Driveとか。

というわけで、購入以来、MavericksにすらアップデートせずにMountain Lionを貫いていたボクのiMacですが、意を決してYosemiteにアップデートしました。

もちろん、先に述べたことも理由の一つですが、なにより問題なのが、

アップデートできないAppだらけ…。
これでは日常の作業に支障が…。
たとえばMacのiWorkで作ったファイルをiOSのiWorkで開くと、その後MacのiWorkでは開けなくなってしまったりとかw
なんじゃそりゃってwww
iMovieとかでも、プロジェクトが共有できなかったりします。

つまり、Apple製のAppは基本iOS版との連携は壊滅状態なわけです。
というわけで否応無しにアップデートするしかないw


というわけで、早速ダウンロード!


アップデートちう…。


アップデート完了!


なんかiOS 8みたいですね、ヒントとかw


というわけで、無事アップデートできました。
デスクトップの配置とかもそのまま。
ただAppの順番だけはぐちゃぐちゃになってしまいました…並べ直すのめんどくさ…ってか前どんなんだったっけ…。

あと、RAMの圧迫が半端ないです。
常にパンパンですw
てか、なんでアクティビティモニタのアイコンがRAMの状態にできなくなっちゃったんですかね。あれ便利だったんですが…。
これはMavericksからみたいですが。

というわけで、結局アップデートしてしまった話でした。

でわでわ。

iPhone 5sから投稿

Posted from するぷろ for iOS.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する