iCloudフォトライブラリはボクのブログ更新に革命を起こした

どうも、うめちです。

エントリ最下部まで読んでいただいてる方はご存知かもしれませんが、最近、iPadで更新している率がかなり高いです。

今までは、iPadでエントリを書こうとすると、DropboxやOneDriveなどを経由して写真を共有するという一手間が必要でした。

自動アップロードをオンにしていると、必要のない無駄な写真までアップロードしてしまい、オンラインストレージを圧迫するので、ボクはオフにしてありました。

その悩みを、最近実装された(って言ってもだいぶ前w)iCloudフォトライブラリという機能。

名前の通り、iCloudの機能です。
有効にしないと働きません(当たり前ww
この機能には、ストレージ節約にも役立ちます。
ストレージに最適化した解像度で保存しておいてくれるので、写真が容量を逼迫することがありません。
これは16GBユーザーには大きいことではないでしょうか。

さて、ボクがこの機能を推している理由は、

このように、登録してあるすべてのデバイスの画像がまとめて時間順に表示されること。
画像をタップすると、

この右下のように読み込み中のマークが出ます。
読み込みが終わると、元々の解像度で表示されます。
要は、データがすべてAppleのサーバーに保存されていて、必要に応じてダウンロードできる、ということです。

この機能を使い始めたことによって、ボクのなかでのiPadのブログ更新機材としての重要度が格段に上がりました。
iPhoneで撮影した画像をすぐにiPadで記事に挿入できるなんて本当に夢のようです。
まさに待ち望んでいた機能。
なんでもっと早く使い始めなかったのか自分でも謎ですww

まだこの機能はベータ版なので、注意は必要ですが、大いに試す価値ありの機能だと思います。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/06/22 (Thu) 10:44 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する