今更ながらiPhone 6&6 Plus開封の儀

どうも、うめちです。

えー、今更です。
どんだけ前の話だって感じですが、iPhone 6と6 Plusを購入していました。
買ったのはおよそ3ヶ月前で、それから毎日使い倒しています。
さて、本日は今更すぎますが開封の儀を執り行いたいと思います。


今回レビューするのは、iPhone 6 16GB スペースグレイと6 Plus 64GB ゴールド、いずれもSoftBank版になります。
6はMNP一括0円、6 PlusはMNPで一括20000円でした。


箱からして明らかに大きさが違う…。
今回から、本体画像のプリントがなくなりシンプルになりました。いずれ他の製品も追従していくのかな?
ちなみに本体と同じ形にボコッとなっているのは5sと同じです。


本体画像のプリントがなくなったので、パッケージだけで一目でカラーを判定できるのがサイドの文字の色になりました。
今回からナンバリングの表記がなくなりました。
いずれナンバリングがなくなるとずっと言われていますが続きますね。
iPadも一回なくなりましたが結局Air 2とかってナンバリングになりましたね…。


6は相変わらず貧乏の味方の16GBですが、6 Plusは人生初の64GBです。
念願の64GB!
いやー、ストレージが大きいって最高ですね、今までは16GBで十分だ!とか言ってましたが、4倍になって人生変わりましたはい。


開封!
で、デカい…。
これまで5sを使っていて、そこからの6でもだいぶ大きいのに、6 Plusとなると。
まぁでもずるとら使いからしてみるとむしろ小さいですがね(謎の余裕


ぺかっ!
おぉ…お美しい。
ちなみに6 Plusはこの場で開封したのですが、6はこの撮影のほぼ1ヶ月前に購入し使用していたので壁紙が痛仕様です。触れないでください。


4.7"と5.5"って数値で比べるとあまり違わないかなーって気もしますが実際比べてみるとだいぶ違いますね。


全く同じ付属品です。
ただ充電器だけは変えて欲しかった…。
6 Plusはバッテリ容量が大きいので、付属の5Wアダプタを使うと充電に非常に時間がかかります。
なので、せめてiPadに付属する10Wアダプタにして欲しかったなぁ。
ま、6 Plusを買うような顧客はiPadも持ってるから問題ないって話ですかね?
実際、ボクは12WアダプタをiPadと共用にしています。


ドキュメント類も1枚目以外内容は同じものですが、大きさは本体に沿ったものになっています。


どん。
ベゼルが黒のiPhoneは久しぶりです。
よく考えたら、iPhone 3Gより後はずっとベゼルは白でした。
あ、ウソ、そういえば5cが黒でしたwww


背面。
やはりゴールドはDラインが目立ちますね…。
デザイン的には今回はスペースグレイがいちばん優れていると思います。
ゴールドといえばやはり5sがいちばんです。


この配置で写真を撮るのが夢でした。
いやぁ最新のAppleデバイスに囲まれて生活するって幸せです。
iPhone 6と6 Plus、iPad Air 2が揃ってるのでもうなにも要りませんw
そこ、宝の持ち腐れとか言わない。


というわけで、iPhone 6と6 Plus2台同時というなんとも贅沢な開封の儀でした。
ちなみに、家族からは、まーたそんな無駄遣いして…なんて言われてますw
今回は6 Plusに20000円払っているのでお金使ってないもーんなんてことが言えませんwww

次回、使ってみてわかった感想なんかを書いていきたいと思います。


でわでわ。


iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する