プリウス20バッテリ交換の危機…

どうも、うめちです。

ついにこの日が来たか…って感じです。

先日、新車購入から6年半のプリウス20系のオイル交換をしました。
半年毎にディーラーでオイル交換をしているのですが、前回、つまり6年点検のときに、ハイブリッドのメインバッテリと補機バッテリどちらも危ないかも…と言われていました。
ただ、前回は12月ということもあり寒かったので数値が悪いかもとのことだったので、オイル交換のついでに計測してもらいました。
すると結果はどちらのバッテリも変わらず危ない判定…。
ちなみにどちらのバッテリも新車購入から1度も交換していません。
担当さんによると、メインバッテリは早い人で5年、補機バッテリは2年の人もいるんだとか。
補機バッテリはよく持って5年らしいのでうちは当たりだったかも?


購入から6年半、総走行距離は77230kmになりました。
前のタウンエースノアは8年80000kmで乗り換えたのでプリウスの方が1年平均の走行距離は長いですね。


ちなみに、補機バッテリ(普通の車にも搭載されているバッテリ)の電圧はユーザー自身で確認することができます。
ナビのGボタンを押しながらライトスイッチオンオフを3回繰り返すとサービスモードになり車のいろいろな情報が確認できます。ググれば詳細出てくるはず。
プリウス20の補機バッテリ電圧は10~14Vが正常値らしいのでまだ全然大丈夫そうですが、どうやら年数が経つと数値が正常でも突然死する可能性があるみたいです。

交換費用としては、
メインバッテリ:約30万円(工賃込み
補機バッテリ:約4万円(工賃込み
だそうです。
ちなみに我が家は延長保証に加入しているので、今年中にメインバッテリが逝ってくれれば負担0円で交換できます(補機バッテリは消耗品扱いで全額負担
ただ今回の延長保証が終わるとこれ以上は延長できないので、壊れたら全額負担…30万コース…。
仮にバッテリを交換したとしても、他にもインバーターやウォーターポンプや…とハイブリッド関連の部品が壊れると下手をすれば修理総額が安い普通自動車1台分…とかなりかねません。
そこで担当さんから勧められたのが、車の買い換え。
うまい商売してますなぁトヨタさんよ…。


勧められたのはこいつ。
プリウスG'sというモデルです。
どうやら全然売れてないらしく、とんでもない値引きを提示してきました。在庫車なのかな?納期は早いとか言ってたけど。
見た目はいいかなーと思いましたが、高い…。
おまけに、
・クルーズコントロール
・助手席、バックドアのスマートエントリー
・MOPのHDDナビ
などなど、プリウス20についているのにG'sにはついていないしオプションでつけることもできない装備がたくさんあります。
まぁ現在所有のプリウスはS 10th Anniversary Editionという特別仕様車なので仕方ないといえば仕方ないのですが…新車買うのに装備ダウンしてもな…とか考えたり。
しかも、何を隠そう1月にエスクァイアを納車したばかりの我が家。1年に2台も買えるはずがないw
というか、買える余裕があっても買いません。
だって、もし買ったらまた同じ周期で買い換えなきゃいけません。それはちょっと…。
なので、現在は、
1.バッテリ交換(一番安い
2.中古車購入(T-Valueハイブリッドとか良さげ
3.新車購入
の順に考えてます。
ただ調べたところによると最近リサイクルバッテリというのができてそれだと修理費用は10万円とかなんとか言われてますのでもし10万円で済むなら別に今のプリウスに不満はありませんから修理しますかね。


今日撮影した我が家のプリウス。
外装は目立った傷もありませんし、まだまだいけそうです。
ボク自身、30系よりも20系の方がデザイン好きだし、30系になってあらゆるところでコストダウンが図られているので質感がイマイチなので、あまり手放す気はありませんww
ちなみにエスクァイアも350万とは思えないチープさです。
プリウス20系の方がよっぽど高級感あります。シートカバーつければ完璧?

しかし、ハイブリッドって普段のガソリン代は安く済みますがバッテリ交換のことを考えると全然お得じゃないかも…と思いつつあります。
まぁ、エコにはお金がかかるということですねw
少しでも環境に与える悪影響が減ればそれは自分たちの次、また次の世代につながっていくのです。

また実は不具合を抱えていて近々修理に行くのでそのときにまた相談ですかね…。
あ、明日エスクァイアの6ヶ月点検で行くんだったwww


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する