harman/kardon ONYX STUDIOをゲット

どうも、うめちです。

先日、友人がSoftBankでスマートフォンを機種変更したいというので、サポートしました。
なぜかボクの周りにはこういうことに疎い人が多く、毎月の携帯料金を聞いてもわからないレベルの人ばかりです。
なので、携帯を変えるとかになるとみんな丸投げ。
人に情報を集めさせて自分は契約しにいくのみですw

今回は、機種代金を払いたくないとのことだったので、前のスマートフォンを2年以上使っていて残債もなかったので、スマホへ無料交換プログラムを利用しました。
これは、ガラケーやスマフォを12ヶ月以上利用している既存ユーザーが機種代金を払うことなく機種変更できるというものです。
ガラケーからならiPhone 5sも選べたのですが、友人はAndroidユーザーだったので、AQUOS CRYSTALを選択しました。

AQUOS CRYSTALには、標準でharman/kardon ONYX STUDIOという定価50000円以上もするポータプルスピーカーが付属しています。
で、友人はいらないというので見返りとしてありがたく頂戴しました。

どうやらこのばら撒き政策?で相場が暴落したらしく、ヤフオクなんかでは10000円以下で売られていたりします。
とはいえ定価が定価、メーカーもボクが愛用しているSOUNDSTICKS Ⅲと同じharman/kardonということでちょっと期待。

ということで、とりあえず開封してみます。











外箱はこんな感じ。
製品のデザインの写真が印刷されています。
Apple製品ではないのでここは写真だけでww


取っ手の下にいろんなロゴが付いててちょっと嬉しくなりました。


ACアダプタ。
ちなみに、ポータブルスピーカーなのでバッテリもついてます(当たり前


マニュアルたち。
これとほかに保証書も入っていました。1年保証。


簡単すぎるマニュアル。ちょっとAppleっぽい?
でもわかりやすくできてます。
ちなみにもう1冊の分厚い方はいろんな言語でいろいろ書かれたやつでした(適当w


仕様はこんな感じ。
重さは書いてありませんが持ち運びたくないと思う程度に重いですww




外観はこんな感じ。
全体的にマットで指紋がつかないのでボク好み。
ただマットだと傷がつきやすいのが難点。
それなりに高級感あります。


本体上部には
電源ボタン
ボリューム+-ボタン
Bluetoothペアリングボタン
がありました。
どのボタンも最初はタッチ式かなーと思ったら普通にプッシュ式でしたw


電源ボタンは電源オン時に白く光ります。


Bluetoothペアリングボタンは接続時に白く光り、ペアリング待機時に白く点滅します。


背面には電源端子とmicroUSB端子がありました。
microUSB端子は何に使うかわかりません。簡易説明書には書いてありませんでした。


前面のカバーを開けるとこんな感じ。
こうもしっかり並んでると壮観ですねw
これ本当にポータブルスピーカー?


カバー側の穴あけの細かいこと…やはりお金はかかってますね。


電気を透かしてみるとなんかすごい。


愛用のSOUNDSTICKS Ⅲとツーショット。
このメーカーの製品は結構好きです。
ESQUIREというポータブルスピーカーもあって、車と同じ名前だしネタで買おうかなーと思いましたがネタで買える値段ではなかったですw


iPhone 6と比べるとこんな感じの大きさです。
肝心の音質ですが、ポータブルスピーカーとしては結構いい方だと思います。これが10000円以下で買えるなら買いですね。
ただ、まぁ現在はもう廃盤になってるみたい?ですが定価だったら買おうとは思いません。
だって、SOUNDSTICKS Ⅲのほぼ倍ですよ?w
お値段はります…まぁその分コストはかかってそう。
ちょっと篭った感じに聞こえるのと、音量が全体的に大きいのが玉に瑕。
ただやはり線を繋がなくてもいいって便利ですよね。
実は今までにBluetoothスピーカーって所有したことなかったのですが、iPhoneのバッテリがさっさと減る以外はいいですね。スピーカーのバッテリは結構持つみたい。
遅延も多少はありますが、リズムゲームやらなければ気にならないレベルでした。


ずるとらと比べるとこんな感じの大きさです。

というわけで、ONYX STUDIOのちょっとしたレビューでした。
ほんとに、ポータブルスピーカーとしては音質はいいと思います。
ただ、持ち運ぶにはちと重いかな(言うの何回めw
あと地味にデカいので置き場に困りますね…どうしようかな。


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する