ケースレビュー祭り #1 Spigen AIRSKIN for iPhone 6/6 Plus

どうも、うめちです。

先日の予告に書いた通り、ケースレビュー祭り開催です。
今日は第1弾、Spigen AIRSKIN for iPhone 6/6 Plusのレビューをしようと思います。
6用と6 Plusよう両方購入しましたので同時にレビューしちゃいたいと思います。


パッケージおもて面です。
今回購入したのは、Spigen AIRSKIN for iPhone 6/6 Plus、色は2つともミントです。
相変わらずのSpigenさんのパッケージです。
0.4mmという表記が目をひきます。

ここからは6 Plusの写真となります。

パッケージ裏側。
いろんな言語でいろいろ書かれています。
さすがは世界で人気のある会社ですね。


ケース本体。
薄さを謳っているだけあって、すごく薄くて軽いです。
サラサラしているのでボク好みですが、あまりにもサラサラすぎてグリップが…なのでめっちゃ滑って特に6 Plusだと落としやすくなります。


内側はいたって普通、特筆すべき点は見られません。

同梱物は、

脱着ガイド、

正規品の証

以上。


ケース本体を取ると、中の台紙は6用がシルバー、6 Plus用がゴールドになっていました。
6用はスペースグレイがよかったなぁ(どうでもいいww


6用と6 Plus用を並べてみました。
こうやって比べるとだいぶ大きさ違いますよねぇ…。


下部の端子部分のくりぬきはがら空きになっているのであまり保護はできないかも…。


装着してみました。
装着してみてわかったのは、薄くて軽いかわりに、保護という面においてはあまり期待できないかな…ということです。
あと、薄いということに関連して、6/6 Plusの特徴である出っ張ったカメラがケースより若干はみ出ているので、液晶面を上にしてiPhoneを置くと傷がついたりする可能性もあります。


裏面。
2つとも同じ色ですが、本体の色によってかなりイメージ変わりますね。
スペースグレイの6は水色、ゴールドの6 Plusは緑色のような感じに見えます。

残念な点が3点ほど。

1点目。

6 Plus用の左上に開封した時から割と大きめな傷が入っていた点。

2点目。

これはボクのミスなのですが、6用を装着するときに失敗して右上の角の部分に負荷がかかってくっきり白い線が…。

3点目。

これはSpigenさんのケースすべてに言えることですが社名ロゴがデカい…。
デザインがいいケースが多いのにこれではぶち壊しです。




手に持ってみるとこんな感じ。
やっぱり薄くて軽いというのは大きなアドバンテージだと思います。
ですが、耐衝撃性を求める方には全く向かないと思われます。
ま、どんなケースでも万全なんてないんですけどね。

ちなみに、なんでボクがこのケースを購入したかというと、

なんとビックリ66円w
2つ買っても100均で1つ買うのとそんな変わりませんww
これでも一応メーカー品なんですかね…。
ただこれは一時の祭りだったみたいで、現在は標準価格に戻っています。
もしボクが標準価格でこれを買うかと言われたら、
ノー
ですね、うん。


でわでわ。



iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する