ケースレビュー祭り #7 Anker® iPad Air 2用 スーパースリム 合皮レザーケース

どうも、うめちです。

終わらないケースレビュー祭り第7弾です。
今回は初のiPadケースレビューです。


今回レビューするのは、
Anker® iPad Air 2用 スーパースリム 合皮レザーケース
というケースになります。
ちなみに上記はAmazonでの名前ですが、パッケージの名前は違いますね。
こーゆーことって割とよくありますが、なんで統一しないんですかね。


開封するとさらに製品名の帯が。


こちらが本体です。
合皮ですがなかなか高級感あります。


裏面は分厚めのポリカーボネートなので結構しっかりとした感じ。
でもそんなに重く感じないです。
マットなので指紋がつかなくていい感じ。


開くとこんな感じ。
蓋とケースのつなぎ目がちょっと変わってますね。


装着してみました。
マットではあるものの透明なので、ゴールドの輝きはそのままです。
ちなみにリンゴマークの縁になんか見えるのは背面にフィルムを貼っているからです。


iPad Air 2専用品なので、ボタンとマイクの位置がピッタリです。
iPad Air用を装着するとうまく位置が合わないので注意が必要です。


端子部分は必要最低限の穴開きです。
これならどんなLightningケーブルも接続できると思います。


蓋の右下に企業ロゴが。
でもこれくらいなら目立たないし許容範囲です。


ポリカーボネートケースはiPadのガラス面とほぼツライチなので、落とした時の保護は期待できません。
まぁボクは基本的にiPadを持ち歩くことはないので問題ありませんが。


このケース、Apple純正のSmart Cover/Smart Caseと同様に蓋の部分にマグネットが入っていて、蓋の開け閉めと連動してロック/ロック解除をすることができます。
iPadとは関係ないですが、iPhone 6 Plusにも同じ機能が欲しかった。


しかし大穴が。
iPad Air 2には、これまでのiPadには搭載されていなかったTouch IDが初搭載されました。
それに伴って、Touch IDをロック解除に使う場合、ロックするタイミングが即時しか選べなくなりました。
つまり、一度蓋を閉めると次開けた時には写真のようにTouch IDかパスワードを求める画面になってしまい、スマートじゃない形になってしまいます。
これじゃあ、せっかくの連動機能が台無しです。


なので結局はロック解除の方法をTouch IDからパスワードに変更し、ロックするタイミングを即時から4時間後(最長)に変更しました。
App StoreへのログインなどにはTouch IDを使いたいので無効にはできず、この形となりました。
残念ながらTouch IDを有効にした状態ではパスワードを無効化することはできません(当たり前か?
結局はせっかく搭載されたTouch IDがほぼ使われない子になってしまいました。ごめんよ。


同梱されていた紙がちょっと面白くて、
片面がHappy?
もう片面がNot happy?
となっています。


Happy?の裏は、製品に満足している場合の話
Not happy?の裏には不具合発生時の連絡先が書かれています。
これなかなか面白いですねww

Apple純正のSmart Cover/Smart Caseと比べて激安にもかかわらず高級感があり、細かいところまでよく作り込まれていて非常に満足度が高い製品です。
実際、ボクはこのケースを購入してからほかのケースを買っていません。ずっとこれです。

ちなみにこのケース、実は発売してすぐの1/30に購入して当たり前のように使ってきましたが、よく考えると写真を撮っただけでレビュー記事を書いていないことに気がつきましたw

価格も非常に安いですし、iPad Air 2のケースを探している方には非常におすすめだと思います。


【オマケ】



今回のケースを購入するまでの約3ヶ月間、初代iPad純正ケースを無理やり使ってましたw
そういえば、iPad 3rdを購入した時もしばらくこれで凌いでたなぁ…。
iPadを発売日に入手すると、アクセサリに困るんですよねw
この初代iPad純正ケース、本体と同時購入なので買ってからもう5年になるんですね。
時が経つのは早いなぁ。
こんな短時間でこんなにも進化するんだからすごいですよね。


でわでわ。





iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する