新しいWireless Keyboardに求めるもの

どうも、うめちです。

最近、新型Magic MouseとWireless Keyboardの話で持ちきりですね。
それもそのはず、ふたつとも今の形になってからもうしばーらくになります。


ボクはiMac購入以来、USキーのWireless KeyboardとMagic Trackpadを使っています。
約2年半使っていて感じた不満点、またそこから次期Wireless Keyboardに求めるものを書いてみようと思います。

・電池がすぐ減る
これは皆さんずっとおっしゃってますね。
ボクはApple純正のBattery Chargerを使ってますが、ほんとにすぐに減っていきます。
それに加えて、ボクは冒頭の写真のようにMagic Wandという製品でWireless KeyboardとMagic Trackpadをくっつけて使っています。
で、電池を交換するとなると、それをいちいち取り外さなければいけないのです。
結構しっかりはまっているので、付け外しを頻繁にしていると傷がついたりうっかり壊したりしてしまいそうです…。

これに対して、次期Wireless Keyboardでは、省電力性能に優れたBluetooth LE 4.2を搭載しており、駆動時間の大幅な向上が予想されています。
また、次期Wireless Keyboardはリチウムイオンバッテリーを搭載する模様です(ソース:9to5Mac)


・Mac起動時に認識されないことがある。
これについてはほんとに困っています。
ハズレ個体を引いたのか、というかそもそもiMacが悪いのかWireless Keyboardが悪いのかわかりませんが、BootCampでWinを起動するときに、キーボードのoptionを押し続けて起動ドライブを選択するのですが、押し続けていてもWireless KeyboardがiMacに繋がらず、そのままOSXが起動する…なんてことがよくあります。
正直、Magic Trackpadを使っていなければ有線キーボードに有線マウスだったと思います。
しかしMacBookでTrackpadに慣れてしまうと、マウスが使いづらくて…。

これについてはもはや願望ですが、充電式になるのなら、充電用のUSB端子をつけて、その端子を利用してUSBケーブルでMacと接続できるようにすればすべて解決だと思うのです。
USB給電で使うことができれば、バッテリが切れたときに充電してて使えない、なんてことも起きないと思います。
これに関しては是非ともやってもらいたいですね、うん。


・キートップが白いゆえ汚れが目立つ
これは長く使っているとだんだんわかってきます。
白いので、だんだん黄ばんでくるというか、汚れが蓄積していきます。
個人的には、MacBookシリーズのように黒いキートップのWireless Keyboardも発売して欲しいです。
まぁ、黒かったら黒かったで白に比べてテカリが目立ちやすかったりするんですけどね。
ちなみに、現在所有のWireless Keyboardが初の白キートップでした。
MacBookはボディが黒かったのでキートップも黒、MacBook Proは当然黒だったので。
あまり使わなかったのか大事に使っていたのか、キートップのテカリは2台ともあまり出ませんでした。
ただ今回のWireless Keyboardはもうだいぶ黄ばんできました…。
使用頻度も明らかに上がっているし、何より汚れたら買い替えれるというのが汚れを気にしなくなった大きな理由かもしれません。

これについては新型も変更なしでしょうね。
キートップだけ全部取って塗装しようかなww


・キーボードバックライト…
これはもはや願望です。
現行のMacBookシリーズにはキーボードバックライトが搭載されています。
あれってすごく綺麗なんですよね…。
MacBook Airが今のデザインになったときのモデル(Late 2010)がキーボードバックライトが搭載されていなくて話題になりましたね。
ノートについててデスクトップにつかないなんておかしい!
デスクトップだって暗闇で使うことあるよ!(意味不明

次期Wireless KeyboardでBluetooth LE 4.2を搭載すればその分消費電力は減るし、その分バックライトに回すこともできるんじゃ…?(それ駆動時間伸びないじゃん…

・電源キー
キーボードバックライトと同じですが、現行のMacBookシリーズのキーボードには、電源キーがあります。
これは、小型化薄型化軽量化のために行き場を失った電源ボタンがイジェクトキーを追い出して電源キーになったと有名ですが、Wireless Keyboardはいまだにイジェクトキーのままです。
ですがぶっちゃけ、サードパーティ製の外付けドライブだとこのイジェクトキーは使えない場合が多いので、ほとんどの人は使っていないんじゃないかと思います。
昔(有線のころ)は電源キーついてた気がするんですけどねぇ…。
iMacもMac ProもMac miniも、電源ボタンは背面という非常に押しにくいところについてます。
あれですかね…デスクトップ機は電源切らないのがスタンダードってことですかね?

これはぶっちゃけ変わらないでしょうね。
電源キーが搭載される日は来るのだろうか…。


とまぁ、現状抱いてる不満はこんな感じでしょうか。

というわけで、ボクが新しいWireless Keyboardに求めるのは、
・駆動時間の大幅な向上
・USBケーブルによる有線接続の対応
・黒いキートップ
・キーボードバックライト
・電源キー
といったところですね。
予想というかほとんどが願望に近いものですが、ひとつでも叶うといいなぁ。


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する