ごく一部のiPhone 6 PlusでiSightカメラに不具合。あなたの6 Plusは大丈夫?

どうも、うめちです。

本日、Appleが
iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム
を発表しました。

どうやら、主に2014年9月から2015年1月の間に販売されたごく一部のiPhone 6 PlusのiSightカメラに問題があり、撮影した画像がぼやけてみえるという問題が生じるということです。
上記ページで入力したシリアルナンバーが合致し、かつ症状が確認できたiPhone 6 Plusのみがプログラムの対象となります。


ボクのiPhone 6 Plusは今年の3月末に購入しましたが、プログラムの対象でした。


修理の依頼先は、
・Apple 正規サービスプロバイダ
・Apple Store 直営店
・Apple テクニカルサポート
の3つから選択することができます。
おそらくはカメラユニットのみの交換になると思いますが、バックアップを取っておくようにと書かれています。
画面割れなどの損傷がある場合、そちらの修理をしてからでないとこのプログラムは受けられないそうです。
また当たり前ですがそちらの修理は有償となります。


対象シリアルナンバーのiPhone 6 PlusのiSightカメラの保証が3年間に延長されます。
これは通常保証が延長されるものではないので、iSightカメラ以外の故障には適応されない、という点に注意が必要です。

幸か不幸かボクのiPhone 6 Plusは今のところこの不具合を発症していないので修理の必要はありませが、あと約2年半の間にどうなるかわからないので、発症したら修理体験記事(なんじゃそりゃw)を書こうと思います。

この不具合どこかで聞いたな…と思ったら、そういえばひと月ほど前に友人のiPhone 5sにこの症状が起きていました。
今回のプログラムの対象はiPhone 6 Plusですが、おそらく同じ症状ではないでしょうか。

全世界でどのくらいの台数が対象かはわかりませんが、発売当初のものが対象になっているので、相当な台数になるのではないか…と思います。
Appleにとっては結構な痛手ですね。
でもこの費用って、負担するのはAppleなのかな?それともカメラユニットの製造元?

でもとりあえずあと2年半はカメラの不具合に関しては安心して使えるな、と思いますw

iPhone 6 Plusをお持ちの方は、一度確認してみてはいかがでしょうか。


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する