Siriにいろんな言語で"Give us a hint."って言ってみた

どうも、うめちです。


やっと招待状がきましたね。
いよいよですよ!新iPhoneですよ(たぶん

さて、今年は
Hey Siri,give us a hint.
ですよ。

今回はSiriにスポットが当たるんでしょうか?Apple TVに搭載されるとか?

さて、というわけで、せっかくなのでいろんな言語で話しかけてみましょう。
Hey Siriの部分はSiriを起動させるための言葉なのでカットします。


まずは日本語。
何パターンかあるらしいですが一番短いのがこれ。


次に英語。アメリカ英語です。
というか、ぶっちゃけアメリカ英語以外ボクの乏しい発音では認識されないと思います。やってませんが。
アメリカ英語のSiriは優しいみたいで一発で認識してくれました。


ただもう一回聞いたらしつこいと思われたのか、めっちゃ早口でなんか言われました(・_・)


お次は韓国語。
さすがにわかんないのでGoogle翻訳に丸投げ。要は機械翻訳です。


そして喋れないのでコピペ。
答えが返ってきましたがなんで書いてあるのかまるでわかりません。
英語以外はまるで無理なのでボク。
誰か読める人いたら教えて。


中国語。
これもわかるわけないので機械翻訳です。


中国語はうまく認識されてないのか?なぜかネット検索になってしまいました。


なのでくだけた言い方ならいいかな~と思い、
ヒントちょうだい
にしてみました。


結果…リマインダーかな?これ。
とにかく残念ながら中国語は認識されませんでした。

もっといろんな言語でやろうかと思ったのですが、よく考えるとこれ返されても意味わかんないじゃん…ってことに今更気づき、ここまででやめにしましたw

ちなみに、いろんな言語で話しかけまくってたらiPhoneが異常発熱して電源落ちました。
Siriってそんな負荷かかるのかな?w

なんにせよ、9月9日(日本時間では9月10日午前2時)が楽しみですね~。
当日はいつも通り、Twitterの方に出没する予定です。
見かけたら話しかけてやってください。よろこびますw


でわでわ。、

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する