新型パッソをみてきました~外装編

どうも、うめちです。

先日、新型パッソが発表されたという記事を書きました。
通り道にあるミッドランドスクエアのトヨタ自動車ショールームに発表の翌日から展示車が入るということで、早速みてきました。


こちらが新型パッソです。
前のモデルがコロコロしててかわいい感じでしたがいっきに厳つくなりましたね…。


今回展示してあったのは、X"G package"ということで、ノーマル顔の中では一番上のグレードになります。
カラーはファイアークオーツレッドメタリックというなんとも燃えそうな色…。
フロントフォグランプ、サイトエアバッグ、ナビレディーパッケージとオプション多数です。


ちょっと寄ってみました。
やっぱり雰囲気違いすぎですね、初代とも二代目とも全く似てないです。もはや言われなきゃパッソだと気付きません。


燃費は驚異の28km/L。
この前も書きましたがこれうちのプリウス(NHW20)とそんなに変わりませんからね?
あくまでカタログ燃費なので実際にはそんなに走りませんが、でも20km/Lぐらいいくんじゃないか…?


こちらがパッソ初搭載のスマートアシストⅡ。
Safety Sence Cだったらフロントウィンドウにすべてのセンサーがつきますが、これはダイハツのシステムなのでフロントウィンドウに単眼カメラ、フロントグリルにレーザーレーダーがつきます。
これ、グリル変えようと思うと大変なんですよ…。
ちなみに、パッソのオプションのグリルはこのセンサーのおかげでめっちゃダサいですw


運転席側ドアハンドル、


助手席側ドアハンドルともにキーフリーシステム用のリクエストスイッチが装着されています。
こちらも先ほどと同様、ダイハツのシステムなので、トヨタのスマートエントリーみたいに手をかざして解錠、ドアハンドルに触れて施錠とかはできません。残念です。
まぁでもこれは、トヨタのスマートエントリーを搭載していてもリクエストスイッチで解錠/施錠を行う車もあるのでなんとも言えませんが。でもやっぱりヴィッツと比べてしまうw


なんとピラーはボディー同色に塗装されていました。
ちょっと前まではみんなブラック素地だったのに変わりましたねぇ。
確かに素地だと手垢がついて取れなくなったりするのでこれは歓迎です。
新型プリウスとかでもブラック塗装されていますね。


問題はここ。
なにこれ?なんかダサいです。
なぜここに素地パーツを組み込んだんでしょうか?
最近流行りのコンパクトSUVかなんかを意識したんでしょうか?確かにスズキのイグニスとか似た感じになってますけど。


そして先代から見事に継承された片寄りアンテナ。
なぜ真ん中にしないんでしょうか?せっかくのルーフアンテナなのに。
ドアと干渉するとか?


さてリアにやってきました。
これリアはほんとまんまキャストかホンダのNシリーズですね…。
軽に間違われそう。


パッソの字体がまた変わりました。
これフルモデルチェンジのたびに変わってますね。普通?
でもプリウスとかは2代目3代目一緒だったりしましたし、せっかくデザインしたものは長く使ってもらいたいですよね。


ここで見つけてしまいました。
なんとソナーのようなものがついてます!


リアバンパーに2箇所ついていました。
どうやらこれはスマートアシストⅡのシステムの一部で、後退時の誤発進を防ぐ機能に使われるようです。
なんだ、障害物検知して教えてくれるわけじゃないのか…。
でもこれDOPのクリアランスソナーを装着すればぱっと見6センサーですね。高級車感があります(パッソで…?w


平成32年度燃費基準+10%達成車です。
ということは4年以上先を行く車?(※違います


バックドアにもキーフリーシステムのためのリクエストスイッチが装着されていました。
残念ながら電磁式オープナーではなかった…。
ここに着いてるボタンって、手探りになるから押しづらいんですよね。エスクァイアのロックボタンがそうです。
そしてナビレディーパッケージ装着車なのでバックカメラがついています。さすがメーカーオプションだけあって綺麗にはまってますね。


ポジション、ロービームを点灯してみました。
このグレードはロービームのみLEDになっています。
ハイビーム、ポジションは従来のバルブです。


でもフォグランプはちゃっかりLEDですw
個人的にはフォグランプがLEDってどうなの…と思いますが最近の流行りですね。
ちなみにこのLEDフォグランプ、オプションで+21,600円です。お高いですね。


お次はポジション、ロービーム、ハイビームすべてを点灯してみました。
やっぱりこの色の違いが気持ち悪いな…エスクァイアもそうでしたが。
でもいまどきポジションすらLED化していないというのは勿体無いですね。
ちなみに、上級グレードのMODAは全車BiBeamヘッドライトが標準装備になっています。
あちらはポジションもLEDクリアランスランプになっています。


というかこのLEDヘッドライトすごい特殊だと思いません?
LEDといえば、プロジェクター式がほとんどだと思いますが、パッソはなぜかプロジェクター式ではありません。
プロジェクター式の方がカッコいいのに…。


リアコンビネーションランプは車幅灯兼ブレーキ灯のみLEDです。


ボンネットを開けてみました。
まぁそんなに違いはありませんね、エンジンも変わってませんし。


サイレンサーは相変わらず申し訳程度でした。


ただうちの初代パッソと比べて大きく進歩したところが。
ヘッドライトを取り外さなくてもバルブの交換ができるようになりました。
初代パッソは超不親切設計で、バルブ1つ交換するためにバンパー外してヘッドライト外して…ってやらなきゃいけなかったのです。
ぱっと見ロービーム以外は簡単に交換できそう。


14インチアルミホイールです。
これはカッコいい!
これだけ単体でほしいぐらいですw
ただこのホイールは最上級グレードのみ標準装備です。
グレードによってはオプションで追加できますが、安いグレードは無理でしたw

というわけで、新型パッソ外装編でした。
次回は内装を見ていきます。


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する