未来のスポーツカーの形、トヨタFT-1

どうも、うめちです。

本日より、愛知県名古屋市にあるミッドランドスクエア2階のトヨタ自動車ショールームにて、

TOYOTA FT-1の展示が始まりました。


このFT-1は所謂コンセプトモデルで、次期型スープラとも言われています。
2014年のデトロイトモーターショー(デトロイトという響きがもはや懐かしい…)で初めて公開されたモデルで、東京オートサロン16にも展示されていました。
2000GTからの流れをくむものみたいですね。


ちょっと別の角度から。


ヘッドライトはLEXUSみたいな三眼LEDヘッドライトですかね?


フロントグリルにはなんとファンが搭載されています。どんなバケモンだこれw


ムッキムキですなぁ…。
ボンネットを開けなくてもここが見られるなんて素敵。


タイヤおっきい……。


最近流行りのフロントピラーブラックアウト。
ここがブラックだとフロントガラスからドア周りまで一体感が出ていいですね。なんか宇宙船みたい。


ドアを開けたり触ったりすることはできないので、室内は遠目にしか見ることができません。
しかもガラスの反射が…。


運転席側にまわってきました。やはりはっきりとは見えません。
内装も赤がワンポイントとして取り入れられてます。


こいつが一応ドアミラーです。
これ…見えんのかな?w


空気の通り道がしっかり作られています。


こんなところまでいちいちカッコいいんですから…。


リアです。
マフラーが目立ちますね。


プレートまでいちいち手が込んでます。


リアガラス。
きちんと補強が入ってるのが見えます。


違う角度からもう一枚。


このテールとマフラーの組み合わせがスバラシイ。


というわけでちょっとしたフォトインプレッションでした。


スーパーカー、それは男なら誰しも一度は憧れる。
いや、最近はそういう時代ではなくなりつつありますね。
新成人へのアンケート、どんな車が欲しいですか。
昔ならフェラーリやランボルギーニ、メルセデスなんかがポンポン出てきていたでしょう。
それがなんです?1位はプリウス?それは憧れる車じゃない、実用車。
最近は若者の車離れが深刻で自動車業界も苦戦を強いられているようです。

そりゃね?現実にスーパーカーに乗れる人なんてほんの一握りですよ。何千万もするんだから。
でもね、憧れるぐらいはいいじゃない?


…さてさて、そんな話は置いといて。
このFT-1、かなりいい出来ですね。このまま市販車として売ってもいいぐらい。
LEXUSがLFAを販売して以来、トヨタはスーパーカーを出していませんから、このFT-1が次のスーパーカーになるんでしょうね。
未だにLFAは根強い人気があり、中古販売価格が新車購入価格を上回ってたりするぐらいです。まぁ全世界限定500台でしたしね。

にしてもこのミッドランドスクエアのトヨタ自動車ショールームはすごいな…。
ついこないだまでS-FRというこれまた別のコンセプトカーの展示やってましたし、1階のレクサスショールームではちょっと前までLFAの展示してましたし。さすがはトヨタのお膝元、愛知県って感じですね。ちょっとしたモーターショー気分です。

皆さんも何かの用事で名古屋駅に来られた際は覗いてみては?名古屋駅の真ん前にありますので。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する