新型エスティマをみてきました~外装編

どうも、うめちです。


昨日に引き続き新型エスティマの紹介です。
今回は外装編になります。


別の角度からもう一枚。
この角度で見ると若干マシに見えないこともないですが…マイナー前のアエラスの方がはるかにいいです。
最近のトヨタらしい大型ロワグリルですね。アクアみたい。どうせならまだキーンルックの方が良かったよ。


リアに回ってきました。
リアの方がまだ変わってないかな?若干とんがった気はする。


やっぱりクリアテールじゃなくなったのは悲しすぎる。ボククリアテール大好きなんですww


テール横にはエアロスタビライジングフィンという空気抵抗を減らす(たしか?)ためのものがついております。
我が家のヴィッツやエスクァイアにもついていたと思います。


スモール点灯してみました。
最近はやりのLEDアイラインですね。
さらにアクセサリーランプ。
ここに関しては進化していますね。


ヘッドライト点灯しました。
BiBeamなので、ロー/ハイ共にLEDになっています。羨ましい。


LEDのつぶつぶ感がないのがいいですね。
エスクァイアはヴォクシーみたいに導光タイプではないので、結構つぶつぶが目立つのです。
あとアクセサリーランプも今風でよさげ。
デイライトではないんですかね?これは。
あとそういえばフォグランプないですねこれ。
フォグはハロゲンの黄色と決まっているのに…(※違います
というか最近LEDフォグ流行りですが、あれ本当に意味あるんでしょうかね?発熱しないし…考えが古いのかな。


リアに回ってきましたよ。
この光り方がなんともいやらしいですね…。


こちらも流行りの面発光タイプのLEDになっています。
個人的にはリアは別につぶつぶLEDでいいんですけど…最近の流行りですもんね、仕方ない。


フロントのドアハンドルです。
スマートエントリーのロックがいまだにプッシュスイッチです。
30プリウス以降の車はすべてタッチセンサーのはずなのに。設計の古さが…。
この黒いゴム、古くなってくるとべたつくので嫌なんですよねぇ…(20プリウスで経験済み
ただ、タッチセンサーだと洗車の時に水が流れるたびにいちいち反応してとてつもなくウザいのでどっちがいいとは言えませんが。個人的にはタッチセンサーの方がいいです。


そして同じくスライドドアハンドルですが、ワンタッチでオープン/クローズするプッシュスイッチがついていません。
80ノアヴォクエスから追加された機構ですが、すごく便利ですよ。
荷物で手がふさがっていても、指が1本空いてればドアを開けることができますし。
スイッチは固めになっているので誤作動の心配もほとんどなさそうですし。
実際30アルヴェルにも採用されています。
こういう細かいところの配慮が足りないんだよな…スマートキーの形も古いですしね。


そして極めつけはキノコ!
アルヴェルやエスティマ、ハリアーなんかにもついている忌々しいやつですが、マイナーチェンジに伴い撤去が不可能になりました。
マイナーチェンジ前はMOPナビの設定があったため、MOPナビ+パノラミックを選択すればキノコがつかないという仕様だったのです(アルヴェル、ハリアーもそうです)
このキノコだけは本当に嫌だ…。
でもこのキノコは意味不明な法令で装着が義務付けられているので、自分で取ると車検通りません。マジです。
ちなみに70ノアヴォクにはキノコついてましたが80で廃止されました。確か、助手席側のサイドミラーの下3分の1に角度がついていて、下の方が確認できるようになってるからです。アフェリカルミラーだっけ?それがキノコの代わりをしているわけですね。みんなそれにすればいいのに…。
ちなみにそのアフェリカルミラー、見にくいことこの上ないです。下の方だけ変に角度がついているので後退時とか本当に見づらい。結局1年では慣れませんでした。バックモニターなかったら駐車できませんよマジで。


ホイールはハイブリッド専用の
215/60R17 96Hスチールラジアルタイヤ(17×7J切削光輝・ブラック塗装*7アルミホイール)&センターオーナメント
です。
ちなみにこのホイールはMOPでして、標準だとサイズ変わらずにブラック塗装


ミディアムグレー塗装になります。
MOPに追加料金は発生しません。
…いやいやいや、これ絶対ブラック塗装の方がいいでしょ。
ちなみにガソリン車はマイナー前とデザイン変わらずの18インチ、塗装のみがブラック→ミディアムグレーになっています。そちらもMOPでブラックに変更可能。
みんな、マイナー後のエスティマをもし買う人がいたら絶対にホイールはブラック塗装にするんだよ…値段変わらんから…。


最後にフロントに戻ります。
この角度から見ると本当にアクアそっくりですね…。
マイナー前のエスティマにあった"エアロのかっこよさ"がすべて失われています。


そしてエンブレム。
このスペースがあればちょっと頑張ればミリ波レーダー埋め込めたでしょ?なんなら昔みたいにエンブレムの下についてる後付け感半端ないやつ(もちろんMOPですよ?)でもいいからさぁ…。
アルヴェルにはついてるんだから、エスティマにもつけて欲しかった。
ってか、マイナーチェンジで廃止はないだろ。マジで。


というわけで、残念感半端ない新型エスティマの紹介でした。
個人的には、このマイナー後を買うよりも、極上中古でマイナー前のアエラスレザーパッケージを買いますね。同じ値段でも。
それぐらい"このエスティマはなし"です。
エスティマの威厳もクソもありません。高級ミニバンじゃなかったのか。明らかにアルヴェルに見劣りしてますよね。ただでさえアルヴェルにお客持ってかれてるのに、こんなんでいいのか?売る気のなさがひしひしと伝わってきます。
もうどうせなら、アルファードかヴェルファイア(どっちかというとアルファードかな?イメージ的に)をトヨタとカローラで売ってしまえばいいのに。
そもそもエスクァイア登場で廃盤が濃厚だったエスティマがなぜ此の期に及んでマイナーチェンジをしたのか。そして同じく廃盤が濃厚だっあアイシスがなぜついこの間ほぼ変わってない一部改良をしたのか。いやぁ、トヨタの考えることはマジでわかりませんわ…。
新型エスティマ、街で見る日は来るのかな?


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する