Xperia X Performance #6 外観をチェック #Xperiaアンバサダー

Xperia アンバサダープログラムで「Xperia X Performance」をお借りしています。

どうも、うめちです。

漸く本体のレビューに入れます!
製品版発売2日前、やっとですw

というわけで、本日よりXperia X Performanceのレビューをガンガンやっていこうと思っております。

第1弾の今回は、外観編です。


じゃーん!こちらがXperia X Performanceです。
ディスプレイは5.0"のフルHDです。
今回からベゼルが本体同色になったので、色によってはだいぶ雰囲気が変わってきます。
これまではほとんどのモデルで白か黒でしたからね。


ディスプレイの上には
ソニーロゴ
レシーバー+インジケータランプ
センサー類
インカメラ
おサイフケータイマーク
が集まっています。
インカメラは強力にパワーアップされ、1320万画素になりました。
ちなみにこのおサイフケータイのマークですが、シールを剥がすとなくなってしまうみたいです。
ミーティングのときに、このシールを剥がさないようにと言われてなぜか不思議だったのですが、家電量販店に置いてあったモックにはシールがなく、またおサイフケータイマークもなかったのでおそらくこのシールにおサイフケータイマークがついているのでしょう。珍しいですね。
グローバル版にはついていないものなので、コスト削減かな?


ディスプレイの下には、通話用のマイクのみ。伝統に従って物理ホームボタンなどはなしです。


背面です。金属が美しいですね。今回初めて背面にメタル素材を採用しました。
ところで、この端末はSoftBank版ですが、今回3社から出る中で、唯一SoftBank版だけキャリアロゴがついていません。
素晴らしいですね、うん。いちばんグローバル版に近い見た目ですね。中身が劣る分外見で…ナンデモナイデス。


メインカメラは2300万画素です。
Z5までは23MPとかって表記がレンズ横にされてましてが今回なくなりましたね。iPhoneに近いた…?個人的にはあの表記嫌いじゃないですけど。ガラケーの頃は当たり前でしたしね。


Xperia X Performanceのデザインで唯一許せないのがこのプラスチック部品。
グローバル版はフルメタルなのに、日本版だけここが樹脂パーツになっています。
しかも、すごくとってつけたような感じ…。
金属部分と似せる気ゼロと言っても言い過ぎじゃないですよね。
ここさえなければ完璧なのになー…。
サンドブラスト加工の2色はもう少しマシなようです。


本体上部にはイヤフォンジャックとマイクがあります。
イヤフォンジャックはキャップレス防水です。


本体右側には、電源ボタン、ボリュームボタン、カメラキーが配置されています。


電源ボタンには指紋センサーが内蔵されています。
iPhoneのTouch IDはテカテカで指紋がベタベタつきますがXperiaの指紋センサーはサラサラしてて指紋がつきにくいのでいいですね。
Xperiaにはホームボタンがないので、つけるとしたら電源ボタンしかないですよね。いちばん使いやすいところについたかな、と思います。正直iPhoneより使いやすい位置かもしれない…。


本体下部には、microUSB端子とマイクがあります。
USB-Cではありませんが、きっと利便性を考えた結果なのでしょう。まだそんなに普及してませんしね。
そしてmicroUSB端子はキャップレス防水です。
キャップレス防水は神様ですね。パッキン傷む心配ないし。だからマグネット充電端子が廃止されたんですね。
構造上、本体下部だけアルミフレームに切れ目があります。
他の箇所の切れ目はなくなりました。
それに伴い樹脂パーツのクッションもなくなった模様?


本体左側は、ほぼなにもありません。


ん?なんか怪しいものがありますね…なにかの端子かな?


と思ったらトレイみたいなものが出てきました…。


実はこれ、microSDカード+nanoSIMトレイなのです。
ボクも最初全然知らなくて、普通に引っ張ったらSIMが取り出された認識されて再起動しましたw
microSDカードを入れ替える度に再起動するのは鬱陶しいですね…普通は入れ替えないのかな?ボクはよくやりますが…。

というわけで、外装ぐるっと見てみました。
これまでのXperiaと比べて、金属ボディを採用することで高級感がグッとアップしました。
以前のガラス+アルミフレームもよかったですが、こちらもいい感じです。
というか、iPhoneも4でガラス+アルミフレーム、6でアルミのみ(一部樹脂)って感じになりましたが…すごいそっくりな流れですねw
でも正直、iPhone 6のボディよりもXperia X Performanceのボディの方が高級感があって好きです。背面のヘアライン加工の主張がいい感じです。金属の手触りもGOOD。
ただまぁ…メイン機にするかと言われればノーですね。スマフォは見た目だけじゃ決められないのだよ。

というわけで次回に続きます。


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する