次期iPhoneにはついにおサイフケータイが搭載される?

どうも、うめちです。

次期iPhoneについて、ちょっと気になる噂が流れてきました。
今度こそ、ついにおサイフケータイが搭載されるのではないか、とのこと。

iPhoneへのおサイフケータイ搭載は、日本のiPhoneユーザーが長年待ち望んできたことです。
2014年、iPhone 6が発表されたとき、NFCが搭載され、新しい決済システムのApple Payが発表されました。
が、いつまで経っても日本でApple Payが開始されず、またNFCもクローズドでApple Pay専用だったため、実質的に日本には関係のないハードになってしまっていました。

日本は、世界でも珍しいほど電子マネー決済が普及していて、ICカードリーダーをお店で見かけない日はありません。
楽天Edy、ID、クイックペイ、交通系ICカードなど様々な電子マネーが出回っています。
また、おサイフケータイという独自文化があり、買い物も電車に乗るのも携帯電話1台ですべて済んでしまうという環境にあります。

おまけに現在おサイフケータイはAndroidの専売特許のようなものになっているため、特にモバイルSuicaが普及している東京近郊なんかだと、モバイルSuicaを使うためにおサイフケータイ搭載のAndroidを使っていて、iPhoneに買い換えられないという方も結構いるみたいです。もしくは2台持ちとか。

それが今回、いよいよiPhoneにFelicaが搭載されるかもしれません。
これまでも幾度となくこの手の噂が流れていたので、正直どうなるのかはわかりませんが、もし搭載されたら日本においてのiPhoneの最大の弱点がなくなることになります。

まぁAppleが日本だけのためにFelicaなんて他で一切使われていない規格に対応するんだろうか…と言われると何も言えませんがw
でもおサイフケータイいいですよねぇ、何枚ものカードを纏められるだけでもかなり楽ですもん。
なにより、iPhoneでシャリーンしたらドヤれそうですね。しばらく。

そろそろ各メディア向けに招待状が送付されるころでしょうか?
毎年のことではありますが楽しみですね。
ここしばらく生でみるのはおやすみしてましたが、今回は生でしっかりみようと思っています。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する