Spigen ウルトラ・ハイブリッド クリスタル・クリア for iPhone 7 Plus

どうも、うめちです。

先日、iPhone 7 Plusを予約しましたが、まだ発売前なのにケースが販売されていたので、1つ購入してみました。

今回紹介するのは、

Spigen ウルトラ・ハイブリッド クリスタル・クリア for iPhone 7 Plus
です。本体色をアピールしたかったので、迷わずクリスタル・クリアをチョイス。
Spigenさんは言わずと知れたiPhoneケースのフライング発売企業さんです。


MADE IN KOREA。仕方なし。
前面に1.1mmの段差があって、ディスプレイが保護されるようです。


こちらがケース本体です。
まだ保護ビニールを取り除いていないのであれですが、かなり透明度が高く綺麗です。
これならジェットブラックを安心してドヤれるなwww


内側にも同様に保護ビニールが貼られています。
ちなみにこのビニール、剥がし忘れてケースの評価を下げる人がいるので注意。


上側はなにもないのでフルカバー。


右側面もスイッチ部分までフルカバーです。


左側面はサイレントスイッチだけ穴が空いていて、あとはカバーされています。


下面は今回イヤフォンジャック廃止に伴い穴が左右対称になりました。


カメラはきちんと大きく開けられています。安心。


このケース最大の特徴は、このさりげない主張のエアクッションテクノロジー。
iPhoneの画面が割れやすいのは角から落ちた時、つまり衝撃が一点に集中した時。
このケースは、iPhoneとケースの間に空間を作ることで、落下時の衝撃を吸収し、iPhone本体に伝わらないようになっているのです。
フレームはTPUなので、ケースが割れる心配もありません。
ボクはiPhone 5cでもこのウルトラ・ハイブリッド(しかもクリスタル・クリア)を愛用していて、エアクッションテクノロジーには感心しっぱなしでした。


iPhone 6 Plusに装着してみました。
外寸は変わっていないので普通に収まりました。


背面です。iPhone 7 Plusが来るまでビニールを剥がさないつもりなので見栄えは悪いですねw


カメラレンズの位置が、iPhone 7 Plusでは少し下がっているため、iPhone 6 PlusにiPhone 7 Plus用のケースを装着すると干渉する場合があります。このウルトラ・ハイブリッドも若干ですが干渉してます。


またイヤフォンジャック周りも然り。iPhone 7 Plusではイヤフォンジャックが廃止され、代わりにそこにマイクが来ている(と思われる)ので、そこの穴が変わっていて、イヤフォンジャックが使えません。
他の部分(ボタン類など)に関しては、完璧です。位置ずれなし。


というわけで、本体来る前に先取りケースレビューでした。
価格もかなり抑えめなので、オススメできると思います。
新色を選んだ方、特にジェットブラックの方は傷を防止しつつ本体色をアピールできるのでいいんじゃないでしょうか?


でわでわ。



iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する