自動車購入に、中古メルセデスという選択肢。 #ラフ記事

どうも、うめちです。

入荷まであと2日です。

だらだらっと適当なことを書き綴るラフ記事第2弾。
今回は、中古メルセデスという選択肢について書きたいと思います。

誰もが一度は夢見る高級外車、メルセデス・ベンツ。
輝くスリーポインテッド・スターを一目見れば、多くの方はすぐにベンツだ、高級車だ、というイメージを思い浮かべるでしょう。
日本では特にこれが顕著なようです。
高級車=ベンツ。BMWやアウディよりもベンツ。これぞ日本人の意識です。
そんなベンツが、国産の普通車と同じ値段で買えるならあなたはどうしますか?
今日は、中古のベンツという可能性を考えていこうと思います。


0.新車
ベンツと言ってもピンキリで、300万~のAクラスもあれば、1000万~のSクラスまでいろいろあります。

300万といえば、プリウスとそんなに変わらないくらいなので、実はプリウスとベンツAクラスは価格の面では対抗しうるのですが、プリウスにはハイブリッドという付加価値がついているので、比べるのは正しくないと思います。
また、あくまでスタートが300万なだけであって、オプションなどつけているとなんだかんが400万ぐらいになったりします。国産車と比べてオプション高いですからね。

そして今回はあくまで国産の普通車、おおよそ200万~250万くらいをターゲットに話を進めていくので、新車は無理としておきます。


1.現行Aクラス

まずはいちばん現実的な選択肢として、現行Aクラス。
現行Aクラスは2012年11月にフルモデルチェンジされていて、新世代メルセデスに分類されます。
この頃ベンツのデザインが一気に変わっていて、現行のモデルはすべて似たようなデザインになっています。
そういった面でまったく古さも感じず、今購入しても現行気分で乗ることができるでしょう。

中古価格は159万円~。
年式2015年以降、走行距離10000km以内に絞り込むと、新車保証継続可能な数千キロ走行物件がおおよそ200万~250万円でごろごろ出てきます。
つい最近マイナーチェンジがあったばかりなので、変更前のモデルが安く出回っています。

2015年式で走行距離5000kmともなればほぼほぼ新車ですし、新車保証継続可能なので故障時の不安もなく、またオプションなどもりもりついてこの価格なので、かなりお得だと言えます。

他にも、時たま登録済み未使用車なんてものあったりします。
こちらは登録しただけで誰も使用していないので、車検が短いことを除けば純粋な新車になります。


2.現行Bクラス

現行Bクラスも上記のAクラスと同様。価格も条件もそんなに変わりません。めんどくさいというか個人的にあまり好きではないので割愛します。


3.先代Cクラスセダン後期

お次は先代Cクラスセダンの後期型です。
Cクラスというと、ミドルレンジのセダンという感じ。BMWでいうと3シリーズぐらいな感じです。
Cクラスになると車体も少し大きくなり、ベンツらしさが出てきます。
デザインは少し古く感じてしまいますが、それでもカッコよさは衰えてません。
すでにフルモデルチェンジして新型が販売されているため、旧型に当たるこのCクラスはかなり値崩れしてきています。

先代Cクラスセダン後期は、約150万円~となっています。
前期だともっと安くなっていますが、その分年式も古いものになるので注意。

2012年式、30000km走行のC180のヤナセ認定中古車が、180万円で販売されています。
外車は車両本体も高いですが、その分修理代もいっちょ前に高くなるので、できればディーラー認定中古車の方がいいと思います。もしくは販売店の独自保証があるか。
3年や4年落ちだったらまだまだ戦えますね。十分買いだと思います。


4.先代Eクラスセダン前期

次はこれまた先代のEクラスセダン前期です。
Eクラスは、BMWでいうと5シリーズ、レクサスでいうとGSでしょうか。価格帯もそんな感じ。
現行のEクラスはこの前出たところで、自動運転技術なんかが話題になっているようです。
デザインはこれまた1世代前感がありますが、現行のEクラスはちょっと丸くなっているので、カクカクしたデザインが好きな方はピッタリだと思います。
ちなみにマイナーチェンジ後のEクラスはデザインが全然違います。後期のほうがかなり今時。まぁついこないだまで現行でしたからね。

先代Eクラスセダン前期は、150万円~となっています。
ただし安い物件はほとんどみんな2009年式、つまり出始めなのでちょっと地雷かもしれません。

2011年式、24000km走行のE250が250万円ぐらいです。
2011年以降を探すと、予算内で認定中古車はちょっと厳しいです。認定中古車で程度のいいものになると、300万円ぐらいになります。
でも250万で高級セダンが買えるならいいですよね。5年落ちならまだまだ乗れます。走行距離も短いですし。


5.先代Sクラスセダン前期

最後にやってきた先代Sクラスセダン前期。
Sクラスというと、フラッグシップモデルになります。
BMWなら7シリーズ、レクサスならLSに相当します。
ボディもエンジンも室内空間も燃料タンクもなにもかもデカい、バケモノ車です。
2005年デビューのモデルになるので、デザインはかなり古く感じられますが、王者としての貫禄は健在。
存在感半端なすww
マイナー後になると、外装のLED使用箇所が増え、いきなり今風になります。
形はまったく変わっていないので、ヘッドライトとリアコンビだけ後期のものに変えるのもありかも。

先代Sクラスセダン前期は、120万円~となっています。
年式が2005年とかなり古いのでその分安くなる傾向にあります。

2009年式、42000km走行のS550が260万円ぐらいです。
年式を考えると高く感じるかもしれませんが、新車だと1000万円以上する車が260万で買えるならお得…かも?
たださっき書いたように、修理代も一級品の値段なので注意が必要です。一回の修理で軽自動車一台分とか平気でありますからね。


というわけで、5つの車種を並べてみました。
いろいろ書きましたが、現実的なのは3番か4番までかなww
個人的には、1のAクラスがかなり気になってます。
200万そこそこでエントリーモデルとはいえスリーポインテッド・スターをくっつけた車が手に入るならいいかも。
しかも、Aクラスだからといって馬鹿にするなかれ、エンジンはCクラスに積んでるのと変わりませんし、ミリ波レーダー式プリクラッシュセーフティシステムを搭載しているなど、装備面でもかなり充実しています。

これは次期愛車候補のトップに躍り出たかもしれませんね…?ww


でわでわ。

iPhone 6 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する