Spigen ウルトラ・ハイブリッド クリスタル・クリア for iPhone 7 Plus 装着レビュー これいかんやつや…。

どうも、うめちです。

先日、欠陥商品の背面フィルムのせいで不発に終わった
Spigen ウルトラ・ハイブリッド クリスタル・クリア for iPhone 7 Plus
のレビュー。
背面フィルムを貼り替えたので、今度こそ装着レビューをお送りしたいと思います。


早速装着してみました。
いい感じですね。


サイレントスイッチは穴、ボリュームボタンはフルカバーです。
かなりTPU部分が盛り上がっているため、押しやすいです。
その分サイレントスイッチは奥まったところにあるため、爪での操作になります。


この輝くエアクッションテクノロジーの文字。これまで何度この仕組みに助けられたことか。落下時の衝撃吸収はマジ有能。
というか黒って写真撮りづらいよね………。


スリープボタンもボリュームボタンと同様の処理になっています。押しやすい。何回も押したくなるww


そしてお馴染みの位置にお馴染みのロゴ。これあんま目立たないけど、ほんといらないよね…。


上部はフルカバーです。


端子部分は、ある程度の大きさの穴になっています。
大体のLightningケーブルが接続可能だと思われます。


カメラ周りの処理も完璧。
さすがはSpigenですね。レンズが地面につかないようになっています。
また、ケースの四隅に突起があることで、背面のポリカーボネートが傷つきにくいようになっています。これも前からですが、こういったユーザー目線の配慮がなされているのが良いですね。

さて、皆さんお気づきでしょうか。これまで背面の画像が一枚も出て来ていないことに。そうなんです…


じゃん。出ました虹模様。
対策のメールで書かれていた、5分乾燥させるというやつ、不良保護フィルムのおかげで数日乾燥させる羽目になったので、乾燥が不十分だとは考えにくいです。


この吸着はないですわ…せっかくのジェットブラックが台無し(2回目

というわけで、ジェットブラック以外のカラーの方にはこのケースかなりオススメですが、ジェットブラックユーザーさんは買わないほうがよさそうです。まだ裸使いの方がマシ。

ケースを推奨すると言っておきながら、ケースを付けたらこんな模様が浮き上がるiPhone…いったいどうすればいいの?
そりゃ、色付きなんかをはめればそれで解決でしょうが、それだとジェットブラックの意味ないし…。

というか、フィルム挟んでもダメなんですねこれ。いったいどうすれば?ジェットブラックなiPhoneをアピールするにはどうすりゃいいの???

老舗のパワーサポートさんが出してるエアジャケットは、もっとひどいみたいですしね。
とりあえずしばらく様子見かな…いっそアルミバンパーにしちゃう?


でわでわ。



iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する