プリウス(NHW20)のシフトノブをSAI(AZK10)後期用に交換(部品番号:33504-79035-E0)

どうも、うめちです。

プリウス弄り第4弾、シフトノブを交換しちゃいます。


今回購入したのは、
SAI(AZK10)後期のシフトノブ
部品番号:33504-79035-E0
ダークブラウン革×アイボリーステッチ
です。金額は約3800円。ディーラーで頼んだら1割引なので3500円ぐらいで購入しました。


本体です。革とステッチの組み合わせがかなり高級感ありますね。さすが上級車種のパーツなだけあります。
SAI後期用のシフトノブは、内装色に合わせて全3色ありますが、その中でもいちばんプリウスの内装にマッチしそうなダークブラウン革のやつをチョイスしました。
ちなみに、同じSAIでも前期のものは革巻きではないので注意。


サイドからもう一枚。
金属も使われていていちいち高級感あります。
これで3500円なら下手な社外シフトノブよりずっといいですね。といってもNHW20用のシフトノブってなかなか売ってませんがw
ちなみに、レクサスHS用のシフトノブも流用できるのですが、あちらは真っ黒でなんとなくパッとしなかったのでこちらにしました。アイボリーのステッチが可愛くておしゃれです。


中には他にもちょっとした取り付け説明書が入っています。
上半分はシフトノブの外し方。
でも書いてあることといえば養生して回すことだけ…w


下半分は取り付け方。
シフトノブの高さが詳しく書かれていますが、正直適当で全然問題ないので今回は無視します。
というか、車名の欄に
・プリウスα
・レクサスHS
・SAI
・MIRAI
が書いてあります。これだけの車種は対応しているということでしょうか?
プリウス(NHW20)は残念ながら書かれていません…古いからでしょうか?
でも問題なく取り付けできるはずです。


まずは純正のシフトノブを回します。
ただのネジになってるので、左に回すだけで外れます。
最初だけ固いですが、そのあとはするする回ります。


工具いらずで外すことができました。


純正との比較です。
純正はフルプラスチックで小さいので、若干安っぽい印象があります。というかこれがシフトノブだなんてなかなか気づかないですよね…。
純正に比べると、シフトパターンの部分がちょっと明るすぎたかな?


長さはSAI用のシフトノブの方がちょっと長いです。
SAIのシフトはプリウスよりも高い位置にあるので、それに合わせた形になっています。
並べるとやっぱり純正は安っぽい…これはこれで良いんですけどね。


外したのと逆の手順で簡単に取り付け完了。ホントに回すだけ。
かなり雰囲気変わりました。


違う角度からもう一枚。
やっぱり革とステッチは高級感ありますね!
運転するときは必ず触る部分なので、プラスチックから革に変わるとだいぶ手触りが良くなります。


イルミを点灯させてみました。
うん、まったくシフトパターンが光りませんねw


サイドから見ると、完全に光が漏れていますw
これはどうやら、イルミの方式の違いからくるもののようです。
プリウスは電球、SAIはLEDなので、その違いでしょう。
まぁ、シフトパターンが読めなくても普通に操作できますし、メーターにもシフトパターンが表示されているので不自由は一切しませんが…光が漏れているのが気になりますね。いっそ塞ごうかな?ww

というわけで、簡単な作業で質感アップ!かなり満足度の高いカスタムでした。革になったことで手触りが大変よろしくなりました。


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する