プリウス(NHW20) ウィンカーLED化

どうも、うめちです。

プリウス弄り第5弾、いよいよウィンカーをLEDにします。


今回購入したのは、
【在庫限り】T20 LEDウェッジ球 SMD 18連仕様 【アンバー】 2個1セット
です。
在庫限りということで、かなりお安く購入できました。


LEDではおなじみのユアーズというショップから購入しました。


18連のアンバーLEDです。
本当は明るさ重視で60連が良かったのですが、60連になると直径が22mmになり、取り付けできない可能性があったので諦めて18連にしました。18連は直径20mmです。
まぁお値段もかなり違いますからね…(60連は約4倍の価格です)


さて、まずは純正バルブを取り外します。
というかかなりヘッドライトくすんでるな…また磨かないと。


純正バルブだと、ガラスに色がついているのでかなりバルブが目立ちます。


ボンネットを開けると、すぐにウィンカーバルブにアクセスできるようになっています。


ツメを押しつつひっぱるとコネクターが外れます。


反時計回りに回すと、バルブを取り外すことができます。
なんか思ったより大きいww


純正のバルブと比べるとこんな感じ。
今回購入したLEDの方がだいぶ長いですね。


バルブを外したのと逆の手順でLEDを取り付けます。
サイズは同じなので、ピッタリはまります。


同じように戻して、コネクターを接続したら作業終了です。
取り付ける前に一度点灯確認することをオススメします。


LEDになったので、色がなくなりました。この方が絶対いいです。
LED化するとついでにステルス化できて一石二鳥ですねw


点灯させるとこんな感じ。18連の割には思ったより明るいです。




では点灯した状態で比べてみましょう。
まずはこちらが両側純正バルブです。




次にこちらは、左側(運転席側)がLED、右側(助手席側)が純正バルブです。
若干色味が違いますね。
LEDが黄色で、純正バルブはちょっとオレンジっぽいでしょうか?
明るさはほとんど同じです。




最後にこちらが、両側LEDです。
明るさは十分です。
車検対応を謳っているので、車検NGってことはないと思います。
まぁ、次の車検まで乗るのかわかりませんが…。


お次はリアです。
リアも同じLEDを使います。
やっぱりウィンカーのバルブは目立ちます…。


リアはフロントよりもっと簡単です。
まず、トランク部分にあるカバーを取り外します。
ツメを外したら、あとは引っ張るだけ。


カバーが外れたら、もうソケットが見えます。
上から
ウィンカー
バックランプ
テールランプ
の順で並んでいます。
真ん中の四角いコネクターは不明ww


ひねったら簡単にロックが外れるので、あとは引っ張るだけ。
純正バルブがお目見えです。フロントと同じものですね。


フロントと同じ要領で付け替えます。
点灯確認も忘れずに。眩しい!!


あとは元に戻すだけ!!
これにて全作業完了です。
こちらもステルス化できてリアコンビネーションランプの色がよりクリアになりました。


純正バルブと比べてかなり目立たなくなりました。


明るさは十分です。




両側交換しました。
十分明るいです。なんか純正バルブより明るくなった気が?気のせい??

というわけで、合計4つ2200円でかなり満足感のあるカスタムができました。
点滅のキレもよくなったし、ステルス化もできたし、なにより消費電力が大幅に軽減できました。
ウィンカーは運転してれば1日に何度も使うものなので、バックランプやルームランプなどのLED化に比べて効果的です。
ただサイドターンランプだけLED化できていないのが心残りかな。

LED化するにはウィンカーリレーをハイフラ防止のものに交換する必要がありますが、ボクは前もってやっておいたので今回の作業がかなり楽になりました。

かなりコスパ高しです!是非お試しくださいませ。


でわでわ。




iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する