新型CX-5の先行展示を見てきました

どうも、うめちです。


名古屋駅コンコースにて、本日12/23から12/25まで新型CX-5の先行展示がやっているので、早速見に行ってきました。
名駅のど真ん中に鎮座していたので、存在感抜群でした。
ソウルレッドクリスタルメタリック一台だけ、というのもポイントですねw
きっとソウルレッドクリスタルメタリックをアピールしたいんでしょうね。
新型になって、より一層引き締まったというか、顔がキツくなりましたね。
画像を見ているぶんにはあまり気に入りませんでしたが、実物見るとよく見えてしまうのがマジックですね。怖い怖い。


祝日の夕方ということもあってか、結構な人がCX-5を眺めていました。
展示されていたグレードは、パワーバックドアやBOSEのサウンドシステムがついていたことからおそらくディーゼルの最高級グレードだと思います。
パワーバックドアってかなり便利ですよね。先代って設定あったっけ?まぁ上のグレードしかついてない(オプション設定もない)のは玉に瑕ですが。


リアです。いいケツしてますね!
リアは先代と比べて凹凸がかなり少なくなっていて、丸っこい印象があります。
テールの光り方は相変わらずです。
ウィンカーがLEDじゃないのがちょっと残念。


メーター周りも一新されました。
以前はセンターに大型のタコメーター、そして下にデジタルスピードメーターという構成でしたが、新型はすべてセンターがアナログスピードメーターになり、タコメーターは左側に行きました。
構成は先代の廉価グレードに似ていますね。
そして、右側にはカラーマルチインフォメーションディスプレイが新設されています。
ちなみに2.0Lの廉価グレードのみモノクロになります。
これまでのマツダのメーターデザインと比べて、丸を意識した形になっていますね。個人的にはメーターは丸が好きですw

結構人が多くて、内装までじっくり写真を撮る余裕がありませんでした。
マツダといえばホワイトレザー、まだまだ現役です。やっぱりホワイトレザーはカッコいい。ジーンズ履いて乗れないけどねww

サイズ感もかなりいい感じ、アイポイントも高くて乗りやすそうな車だな、と思いました。
アイポイントの高さはSUVならでは、セダンでは味わえないものですよね。
これはかなりきになるやつですな…下から2番目のグレードで300万ですからね。
質感から言ってもハリアーのいいライバルになりそうです。

え?まだ買い替えませんよ?ww


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する