スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auが新型ガラケー発表?いやこれガラホやん…

どうも、うめちです。

今日は、auの新製品発表会があり、新型スマートフォンや新サービス、今シーズンの学割の詳細が発表されました。


その中で目を引いたのが、このTORQUE。
耐衝撃の携帯電話です。G'zシリーズの後継機ですね。


これ、機能一覧やスペック表のどこをみても4GLTE対応のガラホなのですが…


朝日新聞の記事
http://www.asahi.com/sp/articles/photo/AS20170111002291.html


ITmediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1701/11/news095.html

どちらも"ガラケー"と明記されています。

auでは現在ガラケーを販売していません。
販売しているのは、形がガラケーで中身がスマートフォンのガラホのみ。
こういうところで"ガラケー"と表現されてしまうと、誤解を生みかねません…。

auショップとかだと、たまにご老人や中年の方が、ガラケーの機種変更をしたいと言い出すことがあります。
その際、現在はガラホしか販売していません、と案内するわけですが…。

ガラホは、見た目こそガラケーですが中身はまるっきりスマホなので、操作方法も異なれば料金体系も全然違います。
それを一緒くたにしてしまうと、ガラケーユーザーが何もわからないままガラホに機種変更してしまうという事態になりかねません。

結果、後から操作方法が全然違ってわからないだとか料金が高くなったただとか不満が出てきて、最悪の場合キャンセルになったりします。

最初、朝日新聞の記事を読んだ瞬間、
よっしゃ!これでガラケー売ってませんって案内しなくてもよくなる!!
と思ったのに、auのスペック表を確認したらまるっきりガラホ。ぬか喜びですわ。

ガラケーが復活したと思った方も多いはず。
もうちょっと表現を統一して欲しいもんですね。
au公式でさえ
4GLTEケータイ
3Gケータイ
なんてややこしい表示の仕方してますからね。もっとユーザーのことを考えろよ。


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。