日本通信とソフトバンクが相互通信に合意。ソフトバンクiPhone復活か

どうも、うめちです。

昨日、日本通信さんより、衝撃のリリースがされました。

なんと、日本通信さんとソフトバンクさんが、相互通信に関して合意に至ったそうです。
さらに、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone及びiPad向け格安SIMを他機種用に先行して2017年3月22日(水)よりサービス開始するそうです。

これまで、日本通信さんがソフトバンクさんに拒否され、それを異議申し立てる…なんてゴタゴタもありましたが、無事うまく収まったようです。

これまで、MVNOといえばdocomo回線の専売特許で、ほとんどのキャリアがdocomo回線を使用したサービスを提供してきましたが、これにより状況がガラッと変わりそうです。
ソフトバンクは、iPhone日本上陸当初からiPhoneを取り扱っているため、iPhoneユーザーが多い印象があります。
そんなソフトバンクで販売されたSIMロックのかかったiPhoneで、MVNOが利用可能になります。

現在、中古iPhoneの相場では、docomo版iPhoneだけ価格が高く、ソフトバンク版は価格が安い傾向にあります。
これが、今回の合意により変わっていくかもしれません。

まさかこんな日が来るなんて。8年ちょっと前、ソフトバンクでiPhone 3Gを使っていた自分に教えてあげたいですw
いや、たぶん言っても信じないでしょうけどねww

考えてみると、ますますau版iPhoneの立場がなくなっていくような………。

というか、ここまでいくと国内版のSIMフリーiPhone要らないような…?w
サービスが開始したら、1回線契約してみようかなぁ。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する