GALAXY SⅢ 不調...の続き+GALAXY Note Ⅱ

どうも、うめちです。
今日は、先週修理に出した銀河三号の不具合の話と、かわりに代替機としてやってきた、銀河ノート二号くんについてのお話です。

まずは、愛機についてのお話です。
前半部分は、ほぼ、前のエントリである、こちらに書いてあるので、この先読むのがめんどくさい大変な方は、ここはさらっと飛ばして後半部分にお進みください。

さてさて、では不具合の話ですが...
ドコモショップに持ち込んだのですが、あまりにも不具合が多いので、PagesにまとめてiPadで店員さんに見せました。
内容は以下の通りです(あ、長いので読まなくていいですよー)。


2013年2月に購入したが、購入当初から、
1.バッテリの消耗が早い。
GPS、Bletooth、Wi-Fi、同期OFF設定で朝100%表示を確認して充電器を外してから、昼まで持たないくらい。省電力モードにしてもあまり改善されず。

2.ワンセグの感度が悪い(これは仕様かも?)。

3.とにかく熱い。
50℃を超えることもしばしば。

という感じだったが、多忙のため騙し騙し使用。

しかし、最近、新たに
4.前にも増して熱い。
60℃弱がしばしば。

5.USBの認識が甘い。
付属のUSBケーブルと充電器で充電しているが、ほとんど認識してくれない。
自宅PC(iMac 27” Late 2012 OSX 10.8.4)との接続もうまくいかない(給電はたまにされるが、Android File Transferを介したデータのやり取りをしようとしても、「接続できませんでした。端末を再起動してください。」のメッセージがでて、認識しない)。
以前使用していたSoftBankのSHARP製端末、AQUOS PHONE THE HYBRID 007SHは問題なく認識されるため、PC側の故障の可能性は低い。
他社製のモバイルバッテリに付属しているケーブルでは充電されるため、これはケーブルの問題かもしれない(充電専用ケーブルのため、データのやり取りについては未確認)。

6.データ通信が出来ない。
画面上にLTE表示が出ている(信号表示は最大になっている)にもかかわらず、通信が出来ない。

7.勝手に再起動する。
酷い日は、1日に3回ほど勝手に再起動する。

8.microSDカードのアンマウントとマウントを繰り返す。


自宅PC(iMac 27” Late 2012 OSX 10.8.4)では問題なく認識される。
データの破損もない。

9.ホームボタンの効きが悪い。

10.挙動がおかしい。
急に画面がふっと暗くなり、一切の操作が効かなくなる。
こうなると、バッテリを抜いて再起動するしかなくなる。

11.電源ボタンの効きが悪い。

12.背面の塗装。
ムラがあるというか、モアレのようなものが見えて気持ち悪い。

など症状は多岐にわたる。
しかし、上記のどれも再現性がない(突発的におこる)。



こんな感じです。
店員さんは、時折「ほぉ」とか、「はぁ」とかつぶやきながら、こんな拙い文章を最後までよんでくれました。
読み終わった後に、「この度は多岐にわたる症状で誠に申し訳ありませんでした。」と言われました。
そして、「とってもわかりやすいです。わざわざありがとうございます。でも、こんなにわかりやすい説明をしていただいたのは私初めてでございます」とお世辞までいただきました。
にしても、SoftBankショップとは随分対応が違いますねー。驚きました。
いや、実は、SoftBankのGALAPAGOSの頃に、あまりにも不具合が多すぎていちいち説明するのが大変だしなんとかならないかな、と考えて思いついたのがこの手法だったのでした。
しかし、いざ打ち込んだものを店員さんに見せると、とても嫌そうな顔をされたんですよねー。
それから携帯ショップの店員さんにはいいイメージがなかった(au時代は修理未経験のため)のですが、その常識が覆りました。
さすが、元電電公社なだけありますわ。感服いたしました。
そんなこんなで、修理の受付もスムーズに終えることができ、代替機としてあのデカブツをわたされ、笑顔でドコモショップを出たのでした。
携帯といえども電化製品ですし、ましてやスマートフォンなんかはポケットに入るパソコンと言われるぐらいですから、故障するのは仕方ないことだと思います。
ただ、接客1つでこんなに気分が違うものなんだ、と実感しました。

次。代替機について。
やってきたのが
P8120618.jpg
ドンッッッ!
これが銀河ノート二号さんです。
店員さんに渡されて初めて思ったのが「デカッ!」でしたw
ボク、男の中でも手はデカい方なんですけど、それでも画面の隅々まで手が届きません。
よく落としそうになるんです。
でも最近、電車の中で女性がこれを使っているのをよくみるんですけど、これは片手ではキツいですね...。
だって、三号の約5"でもギリギリなのに、コイツはそれを上回る約5.5"ですからね?
そりゃキツいわw

P8120611.jpg
裏側です。三号と比べると、スピーカーの位置が違います。
三号はカメラの横にあるのに対して、これは、auのGALAXY SIII Progre SCL21と同じように、左下にあります。
ここは、左手で持って右手で使うときに、穴を塞いじゃうので若干ウィークポイント。
ただ、三号と比べて圧倒的に音量が大きい。ちなみにバイブも相当強い(これは個体差があるかも)。

相変わらずのチープな裏蓋をベリベリあけると、
P8120612.jpg
巨大なバッテリーやその他諸々が姿を現します。
その容量なんと3100mAhもあるんですよ。
で、SⅢαと同じチップを使っているらしく、LTE接続時のバッテリーの持ちが異常なまでにいいんです!
2日間充電しなくてもいけます(ボクの環境の場合)。
もう2日間とか異次元ですよ。
しかも発熱が少ない(40℃超えたことまだ1度もないです)。
しかも1.6GHzのクアッドコアCPUのサクサク感はヤバいです。

総評
Sペンについては付属してこなかったためにレビューできないけど、大きすぎることと若干重い(約189g)ことを除けば、とってもいいやつだと思います!
個人的にはかえたいぐらいですもんw
若干のウィークポイントがあってよかった...
なかったらネットで即ポチするとこでしたw
危ない危ない。

まぁだいぶ不満はあるけど、たった半年といえども毎日一緒にいた銀河三号を、2年経たずに機種変更することはたぶんないとおもいま...す...。


修理に出したことによって愛機にますます愛情がわいてきたボクであった。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する