新型プリウスPHV登場!いいけど高い…

どうも、うめちです。


待望の新型プリウスPHVが今日発表されました。
先代の様子見のようなモデルから一新、エクステリアも専用のものになり、EV走行可能距離も先代の約2倍である68.2kmとなり、HV燃費も現行プリウスと同じく37.2km/Lとなりました。
トヨタのPHVに対する本気度が見て取れますね。


フロントデザインは、燃料電池車のMIRAIと似ています。
4灯LEDヘッドライトはかなり存在感がありますね。
現行プリウスの兄弟車とは思えないほど変化しています。
また、灯火すべてがLED化されているのもポイントです。


リアデザインはかなり特徴のあるものに仕上がっています。
こんな車見たことがありませんw
まず、リアガラスはなんとガラス製ではありません。


新型プリウスPHVは、リアゲートが湾曲したデザインになっています。
この造形はガラスでは不可能なため、CFRPという素材を採用しています。
その名もダブルバブルウィンドウ。なんだか噛みそうな名前ですねw


さて、肝心の価格ですが、最上級グレードはなんと乗り出し444万円。
プリウスに444万円か…と思ってしまいます。
PHVといえど、フル充電で60kmそこそこしか走れません。
充電が切れたら、ノーマルのプリウスと同じどころかそれより車重が重くなるので、燃費の面ではなんとも言えなくなります。
そんなのに+100万の価値があるのでしょうかね…。


ベースグレードは乗り出し343万円。TSSPレスオプションを選択すれば、-12万円ぐらいです。
だから安くても330万円?でも、ベースグレードはPHVの特徴である大画面ナビはついていないし、急速充電すら非搭載(オプションで75000円ぐらい)です。


現行プリウスのベースグレードは、乗り出し265万円ほど。
TSSPをオプションで選択すると、+86400円なので、274万円。
PHVと単純計算で70万円ほど価格差があります。
そしてここにナビなどのオプション費用が追加でかかります。
この条件でPHVを選択する人がどれくらいいるか、という話になってきます。

PHVの補助金がどれくらい出るかも大きなポイントですが、PHVは新型車なため、値引きも渋くなることが予想されます。
そうなるとノーマルのプリウスとの価格差は広がるばかり。
エクステリアがよっぽど好きでない限りは、PHVを選ぶことはないように思えます。

さてさて、鳴り物入りで登場した新型プリウスPHV、どれくらい売れるのでしょうかね。見ものです。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する