ニンテンドーSwitch開封の儀

どうも、うめちです。

あいつがやってきた。

本日2017年3月3日、ニンテンドーの最新ゲーム機、Switchが発売されました。
全国各地で争奪戦が起こり、朝早くから行列を作る光景が見られました。

かくいうボクは、全く買う気ゼロでネット予約すらしていませんでしたが…


じゃん。気づいたら買ってましたww
今日、ふらっとスーパーに買い物に行って、ふとゲーム販売コーナーを覗くと…
え、在庫あり!?
グレーのみですがまだ在庫がありました。しかも16時時点で残り約10台。アピタさんどんだけ頑張ったんですか…w


今回購入したのは、
・Switch本体
・保護フィルム
・ゼルダの伝説
・プロコントローラー
です。しめて48102円。いや高すぎやてwww


というわけで、興奮も冷めやらぬ中、アピタのフードコートで開封の儀ですw
まず注意ですが、今回ニンテンドーSwitchはマニュアル等のペーパーレスで保証書が外箱についているので、外箱を廃棄すると保証が受けられない可能性があります。
箱は捨ててしまう派の方はご注意くださいw
にしてもペーパーレスとは思い切った仕様ですね…。


パカっ!
開封するとまず本体がお目見え。


マニュアルっぽいマニュアルはこれだけ。あとは全て本体に内蔵されています。


こちらがSwitch本体。
正直ホワイトが欲しかったなw
ジョイコンがグレーのものはブラック、カラーのものはホワイトって仕様だったらいいのになぁ。


こちらがジョイコン。
人間工学を考えて作ったとはとても思えない代物…ナンデモナイデス。


下段には左から、
・HDMIケーブル
・(写ってないですが)ACアダプター
・ジョイコンストラップ
・ジョイコングリップ
・Switchドック
が入っています。
今回はフードコートでの開封なので、下段は省略しますw


ただ、ネット上で話題となっているジョイコンストラップだけ開封しておきます。


ただはめるだけです。


両側装着できました。
どうして話題となっているかというと…
このストラップ、装着向きを間違えると、どう頑張っても外れなくなるらしいのです。
Switchは紙のマニュアルが入っていないため、何も見ずに装着すると間違える可能性があります。
まぁ、ジョイコンのプラスとストラップのプラスが合うように装着すれば間違いようがないと思いますが…w


では本体を詳しく見てみましょう。
まず前面には、6.2"の静電容量方式タッチスクリーンがついています。
WiiUゲームパッドは、画面サイズは同じく6.2"ですが、抵抗膜方式だったため、感度がイマイチよくありませんでした。
今回静電容量方式になったことで、スマートフォンと変わらない操作感が味わえるようになりました。


裏面です。
Switchのロゴが大きく描かれています。
マットな感じになっているので、手脂はそこまで目立たなさそうです。
反面、一度汚れがついたら取れにくそうでもあります。


上面には電源ボタンやボリュームボタン、カードスロットなどがありますが、なんとビックリ、排気口がありました。こんなタブレットみたいなのから温風出てきたらやだな…。布団の中でのプレイは危ないかも?


そして驚きポイントその2、充電端子はなんとUSB Type Cが採用されています。
これまで独自端子路線をひた走っていたニンテンドーが、共通規格を採用したことも驚きですが、広く普及しているmicro USBではなくType Cを採用したのが驚きです。


ひとしきり本体を撫で回したところで、ジョイコンを装着してみました。
ジョイコンまでつけると大きく感じますね…これを持ち運ぶのは厳しいかな?w


ちょっとしたキーボードぐらいありますよね…。


そしてこんな風に、立てることもできます。


裏側にスタンドが備わっています。
しかしこのスタンドがかなり貧弱で、ちょっと力が加わったらパキッといっちゃいそうですwww


そしてスタンドの中には、隠すようにmicroSDカードスロットがありますw
SD入れ替えるたびに貧弱なスタンドいじるの嫌だな………。

というわけで、据え置き機と携帯機、どっちつかずなゲーム機のニンテンドーSwitch開封の儀でした。
続きます。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する