パッソ(M700A)ナビ取り付け 部品調達編

どうも、うめちです。


前回予告してからかなり時間が空きましたが、この前やってきた新車パッソにDIYでナビを取り付けようと思います。
今回は準備編ということで、取り付けのために購入したパーツを紹介しようと思います。


まず、ナビ取り付けブラケット。
08695-B1020
というトヨタ純正部品になります。
インターネットでも販売されているようですがかなり値段が高いため、ディーラーで注文するか、トヨタ共販に行って注文するかのどちらかがオススメです。
ディーラーで契約時に頼んでおけば納車と同時に入手することができると思います。
価格は約800円です。


ブラケットが2つと、ネジが2本入っています。
ちょっと車の電装弄ったことがある人なら取り付け用のネジは4本いるんじゃね?と思うかもしれませんが、車両側にもともと2本ついているので問題ありません。


まずは、安全な家の中でナビゲーションにブラケットを取り付けます。
今回取り付けるのは、前車パッソで使用していた
KENWOOD MDV-L403W
というナビゲーションです。
KENWOODのナビゲーションの中ではエントリー機に位置付けられるモデルですが、非常に使い勝手が良くて気に入っていたのと、まだ購入から1年ほどしか経過していなかったのと、2つの理由から今回は載せ替えることにしました。


ナビゲーション本体の取付説明書にネジをはめる位置が指定されているので、その通りに取り付けます。
このとき、適当なネジを使うとナビゲーション内部にネジが貫通して内部を痛める可能性があるので、必ずナビゲーション付属のネジを使いましょう。


そしてこちらも前車からの移植ですが、トヨタ車用ナビゲーション取付配線の
KNA-200WT
を利用します。これを使うとカプラーオンで配線が完了するので簡単かつ安定です。


そしてさらに、iPhone接続用にビルトインUSBポートである
エーモン AODEA(オーディア) USB接続通信パネル トヨタ車用 2311
を購入しました。


こちらは、トヨタ車のダミースイッチ(メクラカバー)と同じサイズでUSBポートが作られているので、ダミースイッチをひとつ取り外してそこにUSBポートをインストールできる便利グッズになります。
ナビゲーションとUSBケーブルで接続する際、鉄板なのはグローブボックスや助手席足元にUSBポートを持ってくる方法ですが、それだと見栄えが悪いのでこちらを使います。


実は、前車でも同様の製品を取り付けていたのですが、トヨタ車のスイッチ規格が変更されたため新しく買い直しました。
比べると大きさが全然違うのがわかると思います。

というわけで、今回DIYナビ取り付けにあたって用意したのは
・取り付けブラケット08695-B1020(約800円)
・MDV-L403W(前車から移植のため0円)
・KNA-200WT(前車から移植のため0円)
・ビルトインUSBポート(購入時1484円)
の4点です。
前車から移植するものが大半なのでコストをかなり抑えることができました。

さて、モノが揃ったところでいよいよ本番、次回はナビを取り付けていきたいと思います。


でわでわ。



iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する