パッソ(M700A)ナビ取り付け 実践編

どうも、うめちです。


前回のエントリで部品の準備も終わったところで、今回はいよいよ取り付けです。
さすがに新車が納車されて数日で弄ったことはこれまでないので緊張しますw


まずは、伽藍堂状態になっているナビパネルを取り外します。


取り外す前に、必ずハザードスイッチのコネクタを抜きましょう。爪を押しながら引っ張るだけで抜けます。
コネクタが接続されたままナビパネルを取り外すと、勢いよく引っ張りすぎたときに配線がちぎれます。
そのため、自信がない場合は特に前もってコネクタを外しておいた方が賢明です。結局コネクタを抜かないとナビパネルを完全に外すことはできませんしね。

コネクタを取り外したら、あとは引っ張るだけですw
一応内張りはがしを入れるポイントは作られていますが、ナビゲーションなどがなにも装着されていない場合はぶっちゃけ中に手を突っ込んで引っ張ったほうが早いです。
ナビパネル自体は割と頑丈に作られているので、よっぽどのことがない限り割れたりはしないと思います。
ナビゲーションやオーディオ、またはオーディオレスパネルが装着されている場合はこの手法が使えないので、おとなしくポイントから内張りはがしを使って慎重に取り外しましょう。


まだ新車だからかツメも柔らかいので、思いの外簡単に外すことができます。
裏を見てみると、ツメ8箇所で固定されていることがわかります。


ナビパネルを取り外したところで、配線にアクセスすることが可能に。
トヨタ車では見覚えのあるコネクタが並んでおります。


ラジオアンテナの端子は、左下の方に隠されていました。
枠に刺さっているので引き抜くだけです。なぜこれだけこんな仕様になっているのか謎ですが、どうやら最近のダイハツ車はみんなこうなっているみたいです。


そして次に、KNA-200WTを車両側のコネクタに接続します。
同じ形のコネクタは2つとないので、接続するべきところに接続するべくして接続します。
トヨタ車の場合は、コネクタを3つ接続するだけで配線が完了します。この簡単さを一度味わってしまうと、ナビゲーション付属の配線なんてバカらしくて使っていられません。


主要配線が完了したところで、次はテレビアンテナとGPSアンテナの取り付けに移ります。
まずは、助手席側(写真は運転席側ですが)のピラーを取り外します。


これはもうただ引っ張るだけで外れます。
ウェザーストリップ(ドア周りの黒いゴム)を引っ張ってピラーの部分だけ取り外して、あとはとにかく引っ張ります。


この車はダイハツ製造なので、トヨタ車と違いクリップ3つで固定されているだけなので、割と容易に外れます。
トヨタ車だと、引っ張っただけでは取り外せない魔のクリップが採用されていてかなりやりづらいんですよね。プリウスで学習しました。
というかピラーにこんな申し訳程度の吸音材が貼られているのね。


ピラーを外すと、こんな感じです。
この時点で、フィルムアンテナの位置決めをして仮止めしておきます。
フィルムアンテナの貼り付けは、地味に厳しい基準があるので注意です。最悪の場合車検不可になりますw


さてここで難関。
ナビ取り付け位置から助手席側ピラーまでは距離があるので、配線を通さなければなりません。
ただ、ダッシュボードの中には手を入れることができる隙間がないため、かなり大変な作業です。
普通ならば配線通しというアイテムを使用するのですが、たまたま先日紛失してしまい見つからなかったので、とりあえず金属製の巻きメジャーで代用することにww
金属製ということはプラスチックに当たれば当然プラスチックが傷つくので、メジャーが当たりそうなところにはしっかり養生テープを貼っておきます。


ものの1分で配線完了。
手探りでしたが普通にうまくいきました。


同じようにGPSアンテナの配線も取り回し、ダッシュボード上に貼り付けます。
前車の時はインパネの中にGPSアンテナを隠して取り付けましたが、今回は隠す場所がなかったので諦めてダッシュボード上に貼り付けました。まぁそんなに目立たないししっか。


そしてここでついでに、ビルトインUSBポートも取り付けます。
純正オプションのビルトインUSBポートの取り付け位置がシガーソケット右側のメクラだということで、それに倣って同じ位置に取り付けることにしました。

取り付けは至って簡単、まずサイドの隙間から手を突っ込んで爪を押してメクラを取り外して、あとはビルトインUSBポートをはめるだけ。


同じようにメジャーでUSB端子をナビ取り付け位置まで持っていって完成。
やっぱりこの方がスマートでいいですね。
ケーブルを接続するときにも、助手席に乗る人の邪魔にならないし接続しやすいのでかなり便利です。


これにて全ての配線が終了です。
ナビゲーションに接続するのは、
・KNA-200WT
・GPSアンテナ端子
・ラジオアンテナ端子
・テレビアンテナ端子
・USB端子
の5つになります。KNA-200WTを使うと配線がシンプルに纏まってとても作業がしやすいです。
ちなみに、ここでなるべく配線を束ねておくことが重要。実はこの車に限ってはその作業はあまり必要ではありませんでしたが、ほとんどの車はナビゲーションの後方スペースがかなり狭くなっているので、配線が邪魔になってナビゲーションがうまく取り付けできないのです。


ここで先ほど配線のために取り外したピラーを元に戻します。
フィルムアンテナが若干曲がったような気もしますが、ケーブルや端子がピラーに干渉しなかったのでよしとします。
というか、普通フィルムアンテナといえばフロントガラス上部に貼るもんなような気がしますが、このナビゲーションは指定位置がなぜか点検ステッカーの下なのでした。なぜここなのかは謎ですがまぁ従っておきましたww


とりあえず仮組みしました。
動作も問題なさそうです。テレビもラジオも感度良好。音楽もちゃんと流れます。
しっかしこの車、ブラケットのネジ取り付け位置が4箇所ともかなり手前にあるし、ナビゲーション後方スペースが驚くほど広いため、一発ですんなり取り付けできました。なんて優良w


動作確認が無事済んだため、最後にナビパネルを取り付けて完了です。
これでもう快適ドライブ可能ですねw
あ、ここでハザードスイッチのコネクタを接続することを忘れずにww忘れるとかなりめんとくさいことになります。


ただ、なんでかわかりませんがナビゲーション本体がナビパネルよりちょっとだけ飛び出ているのが気になりますw
まぁ慣れればこんなもんかな~って感じですが、ディーラーOPナビとかはどうなんでしょうね?

作業時間は合計30分ぐらいでした。
新車ということもあってピラーを外すときはさすがに怖かったですが、普通に難なく取り付けることができました。
これで取り付け工賃約30000円が浮いたと思うとなんか嬉しくなってきますww
お金がかかる趣味ではありますが、車好きも悪くありませんねぇ…。


でわでわ。



iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する