マツダが突然CX-8を発表しました…

どうも、うめちです。

ついにきちゃった。

マツダは本日、新型クロスオーバーSUVであるCX-8を2017年中に発売することを発表しました。

今回発表されたのは、
・3列シート採用モデルであること
・サイズ(4,900mm x 1,840mm x 1,730mm)
・ホイールベース(2930mm)
・エンジン(SKYACTIV-D 2.2)
・トランスミッション(SKYACTIV-DRIVE 6AT)
・乗車定員(6/7名)
これだけ。


そして写真が一枚のみ、しかも内装w

新車発表で外装デザインを一切みせないというのはかなりレアケースではないでしょうか。
今回の発表だと、ただ単に大きくなったCX-5ということしかわかりませんww

なぜこのタイミングで発表したのか、またなぜ外装を一切公開しないのか、真意はよくわからないです。噂が飛び交いすぎたから、ってこと?

しかし、これまでマツダは3列シートの市場はビアンテとプレマシーのみ、しかもどちらもずっとモデルチェンジされておらず売る気ほぼなし…という状況で苦戦していたので、CX-8が発売されたらちょっとはシェアが増えるかもしれないですね。

ちなみに昔、マツダはCX-7というちょっと大きめのSUVを販売していましたが、価格が高かったからか燃費が悪かったからか中途半端に大きかったからか、あまり売れずに現在では中国専売モデルとなっています。

海外では今回発表されたCX-8よりさらに大きいCX-9というモデルが存在していますが、なぜそれではなく新たにCX-8にしたんでしょうね。
ひょっとしてマツダは、BMWのように1~9まで揃える気なのかもしれないですね。

今年はデミオのマイナーチェンジ、CX-3のガソリン車追加、アクセラの一部改良の噂があり、それに加えて今回の新型車と、より一層賑やかな一年になりそうです。


でわでわ。

iPad Air 2から投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する