ソーラー付きプリウスPHV

どうも、うめちです。


久しぶりにミッドランドスクエアのトヨタ自動車ショールームにいくと、プリウスPHVの展示車がサーモテクトライムグリーンに変更されていました。


色が変わっただけかと思いきや、なんとこちらソーラー充電システム付きでした。

こちらはオプション(約30万円)で追加でき、天井に搭載されたソーラーパネルで駐車中に充電して、その電力を使ってEV走行が出来るというものになります。


ルーフの端にPanasonicと記載があるので、このソーラーパネルはPanasonic製と思われます。
そういえば、3代目プリウスに搭載されたソーラーベンチレーションシステムのソーラーパネルはKYOCERA製でしたね…。


ソーラー充電システムを搭載しているので、ナビゲーションのエネルギーモニターにもソーラーの項目が表示されています。


この個体はこれまでに3278Wh充電していて、34.4kmのEV走行分になるそう。
うーん、オプション金額を回収するのは100%無理として、重量増加分の燃費悪化をペイできるぐらいにはなっているのかな…?
まぁでもガソリンも電気も手に入りにくくなる災害時には役立ちそうですね。


にしても、プリウスPHVの大画面ナビゲーションはとても羨ましい装備ですね。
ただ画面が大きいだけではなく縦長なので、ナビゲーション使用時の進行方向がわかりやすいです。
あまり画面が小さいと縦長は使い勝手悪そうですが、ここまで大きければ有効活用ができそうです。

このあいだDの担当セールスに聞いたところ、無印プリウスとPHVの間にはかなり価格差がありますが、補助金がたくさん出るのと向こう3年間自動車税が免税なのとで、そこまで価格差がない状態なようです。
正直プリウスに高級ナビを取り付けること考えたらPHVの純正ナビ付きの方が安上がりかもですね。

エクステリアもプリウスと差別化されて特別感があるし、4人乗りであることとラゲッジスペースがちょっと狭いことさえ我慢できれば十分候補になり得る車だと思います。


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する