初代iPad日本発売から7年

どうも、うめちです。

みなさん、今日が何の日かご存知ですか?


そう、今日2017年5月28日は、日本で初代iPadが発売されて丸7年の日なのです。

2010年5月28日、日本のAppleファン待望の初代iPadが発売されました。

同年1月に発表されたiPadは、世界を激震させました。
個人的にはiPhoneの登場時よりインパクトが大きかったと思います。

最初は4月の発売が予定されていましたが、4月11日に米国で発売されてから、予想以上の売れ行きということで日本での発売が延期になりました。

発売のだいぶ前から予約を受け付けていて、ボクは予約開始日にApple Online Storeで速攻予約していたので、並ばずして発売日ゲットすることができました。

初めてiPadを手にとった時の感動は今でも忘れられません。

今でこそiPadはタブレットの代表格となり、企業でも導入することが多くなってきましたが、初代発売当時は「誰が買うの?ただ大きくなったiPhoneじゃない」みたいな意見が大多数を占めていました。
わずか7年でここまで普及するとは誰も思わなかったことでしょう。

あれから7年、スペックも劇的に上昇し、ラインナップも増えてますます売れているiPadですが、これからどのように進化していくのでしょうか。


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する