WWDC17 #3 みんな待ってたテンキー付きMagic Keyboard

どうも、うめちです。

ちょっと間が空きましたが、WWDC17特集第3回です。
今回は、表立って発表されなかったもののMacユーザーが長年待ち望んでいたアイツがようやく発売されたので紹介しようと思います。


それは、Magic Keyboard(テンキー付き)です。

Apple製のキーボードがワイヤレスになってからというもの、テンキー付きのワイヤレスキーボードが用意されていない状態が続いていました。
テンキー付きがよければワイヤードキーボードを買うしかない…というひどい状況に。
実際、テンキーが欲しいから仕方なくワイヤードを使ってるって人も多いです。

それが今回、新Macファミリーとともに、ようやくテンキー付きのMagic Keyboardが登場したのです。

普通に考えればなんともない商品ですが、Macユーザーにしてみればこれは革命的なのです。

お値段は、テンキーなし+3000円の13800円です。
いやぁ、キーボードも高くなったな。
ボクがiMacを買ったときなんて、ワイヤレスキーボードもトラックパッドも6800円でしたよ。
確かに、乾電池式から充電式になったりして格段に便利にはなっているわけですが、それにしても高すぎ。

ボクも例に漏れずテンキー付きApple製ワイヤレスキーボードを待ち望んでいたわけですが、あまりの高さに躊躇してしまい、いまだに購入していませんw

だって、15000円あったらかなりいいキーボードが買えちゃいますもん。
Apple製のキーボードはデザインや薄さは優れていますが、打鍵感は他のものにくらべてだいぶ劣ります。
キータッチが強いボクにしてみれば、キーボードが薄いぶん指の負担が大きいのです。

うーん、iMac付属のワイヤレスキーボードのキートップが黄ばんできて買い替え時期なのは間違いないのですが、Apple純正か社外か迷います。

iMac Pro用のスペースグレイが発売されていれば即買いだったと思いますがねww


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する