iPad Pro 10.5" ローズゴールド 開封の儀

どうも、うめちです。


先週の日曜日に契約していたiPad Proが、昨日ようやく受け取れたので逸る気持ちを抑えつつ、とりあえず開封の儀を執り行いたいと思います。


迫力がすごい!
先代iPad Proのパッケージはもうちょっと控えめで、斜めから見たiPadの写真がプリントされたものでしたが、今回は真正面から見たiPadが全面に描かれています。
なんだか初代iPadのパッケージを思い出します。あれもこんな感じだった。


今回購入したのは、
au版 iPad Pro 10.5" Wi-Fi+Cellular 64GB ローズゴールド
です。
iPad Proも初なら10.5"も初、セルラー版も初だし64GBもローズゴールドも初です。初めて揃いです。
Wi-Fi版やSIMフリー版と悩みましたが、いろいろあって結局auショップで購入しました。


箱を開けると、まず本体が!


iPad本体をどかすと、アクセサリ類がお目見え。


カリフォルニア箱をどかすと、ACアダプタが出てきます。


iPad Proなので、12Wになっています。
iPad AirからAir 2になった時に12Wは廃止されましたが、Proになって復活しました。それだけバッテリが大きいんでしょうか。


ドキュメント類。セルラー版なのでSIMピンが付属しています。


そしてなんとカリフォルニア箱は底上げされています笑


iPad Proなので、本体を包んでいるフィルムは半透明になっています。


ローズゴールドの背面出現!美しい…。


ディスプレイ。テカテカ!
反射防止コーティングがされているはずですが、iPad Air 2みたいに反射で画面が青くなったりはしていません。


Smart Connector搭載です。ぱっと見てわかるiPad Proの証です。


上部には、イヤフォンジャックとスピーカー2つが位置しています。


下部には、Lightningコネクタとスピーカー2つが位置しています。
合計4つのスピーカーが搭載されています。


そして、今回はセルラー版なので、SIMカードスロットが搭載されています。


いやー、iPad歴7年ちょっとにして初めてのセルラー版iPadだと思うと感慨深いです(謎


iPad Pro 10.5"はauではNano IC Card 04 LEが対応しているようです。これはQuaTabなどと同じSIMです。


いつも思いますが、この大きなカードは無駄ですよね。SIMはこんなに小さいんですから、かなりの部分が無駄になってしまいます。
ROM書きするのにカードサイズが必要ですから仕方ないっちゃ仕方ないのですが、アダプタとか使えばなんとかいけるのでは…と思いますがね。


というわけで、ざっくりとした開封の儀でした。
今回のiPad Proは感激するレベルにディスプレイが美しいので、期待でいっぱいです。
これかガシガシ使っていこうと思います。


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する