アクセラセダンを舐めまわす

どうも、うめちです。


アクセラセダンが納車されてしばらく経つので今更感がすごいですが、今日はアクセラちゃんのエクステリアを見ていきたいと思います。


まずはフロント。
マツダは第6世代になってから本当にカッコよくなったと思います。
エンブレムを交換したら欧州車と言われても気づかないレベルですよ。
ボンネットの造形もすごいです。
デザインに関しては、ここまでこだわっているメーカーは国内では他にないと思います。
ただ1つだけ欠点を挙げるとしたら、それはマツダ車がすべてほぼ同じデザインであること…。
デミオとアテンザとかであればさすがに見分けがつくかもしれませんが、興味がない人にしてみればアクセラもアテンザも同じに見えるそうです。


真ん前から見ると結構威圧感があります。
アクセラはマツダのセダンの中では最小のモデルになりますが、それでも全幅1795mmあるので結構迫力があります。
もちろん1クラス上のアテンザと並べると見劣りしますが、Cセグメントの中ではかなり頑張っている方だと思います。ぶっちゃけ他社の1クラス上レベル?


お次は斜め前から。うーんセクシー。
この角度から見たアクセラが1番かっこいいです。
そうそう、前から見ただけではセダンかスポーツか全く見分けがつきませんねw


お次は横から。
これも第6世代のマツダ車に共通して言えることですが、ボンネットがとても長いです。ロングノーズ。
ただしその分前輪タイヤが前に出ているので、室内空間は広く取られています。
BMアクセラの特徴としては、スポーツとセダンがほぼ共通の部品で作られているため、リアドアまでは全く同じ形になっています。
スポーツはそのまま後ろにバックドアがつき、セダンは後ろにトランクがくっつきます。
なのでセダンはトランクのぶんだけ全長が長くなっているのです。
でもやっぱり純正16インチアルミホイールだとタイヤハウスの隙間が気になるなぁ…せめて18インチ標準ぐらいにしといて欲しかった。
はやくGJアテンザ純正19インチ履かせたい!


斜め後ろから。
前述した設計のおかげで、従来のセダンのイメージとは一線を画する流線型のデザインとなっています。
セダンが好きな人にとってはあまり好ましくないようで、このデザインは賛否両論あるようですが、個人的なはこのセダンらしからぬ造形が大好きです。
むしろ実車を見るまでは、セダンは古臭い…おっさんくさい…買うならスポーツ一択だろ…と思っていたぐらいですが、いざ実車を見たらむしろスポーツのお尻が不恰好に見えてくるぐらいセダンのデザインは素晴らしいものでした。
最初に欲しかったのは間違いなくスポーツなので悩みましたが、今ではセダンを購入してよかったと思っています。


最後は後ろから。
フロントと比べるとリアはなんだか寂しい感じです。
リアをアテンザと比べると、正直かなり見劣りします。
フロントにはメッキが多用されているので、リアにもちょっとぐらいメッキガーニッシュとか欲しかったなぁという感じです。


スポーツはリアバンパーの穴からマフラーカッターが顔を覗かせていますが、セダンとハイブリッドはマフラーカッターが付いておらず、下向きマフラーで見えないようになっています。
ここはセダンが損している1番のポイントに感じます。
アテンザだとセダンでもマフラーカッターがついていてリアビューがちょっとスポーティになっています。
マフラーカッターをつけるぐらいどうってことないと思うのですが、イメージに合わないのかなんなのか、フルモデルチェンジからずっとこのタイプが採用され続けています。
最初は、どうせ社外マフラーに変えるからいいか…と思っていたのですが、純正マフラーが案外いい音するのと、バンパーにマフラー穴がないのでどうしても後付け感が出てしまうのと、いろいろ考えて悩んでいます。


ついでに灯火類もチェック。
まずはスモール点灯です。
これも第6世代マツダ車に共通して言えることですが、クリアランスランプのデザインがとてもオシャレなのです。
マツダのヘッドライトは、デミオ・アテンザ・CX-3・旧型CX-5とアクセラ・新型CX-5の2タイプに分かれます。
前者はアイラインが太く、後者は細いです。


次はロービームまで点灯してみました。
ヘッドライトを点灯させるとまた一段と表情が引き締まるような気がします。


ヘッドライトのみアップです。
アイラインは、昨年のマイナーチェンジ前はプロジェクターの周りをぐるっと周るイカリングのような感じになっていましたが、マイナー後はデミオなどと統一されて下半分のみになりました。


ロー/ハイビームも、マイナー前はHIDでしたがマイナー後はLEDになっています。
それに伴い、ALHという最新機能が搭載されました。
これはヘッドライトの光源を左右4分割(合計8分割)して、対向車や先行車がいないところは明るく照らし、いるところは眩しくないように控えめに照らすという超ハイテクな仕組みです。
ロー/ハイビームを手動で切り替える必要がないため、常に1番見通しが良い状態で運転することができます。
この機能をつかわなくても、アクセラのLEDヘッドライトはとても明るく見やすいので、夜の運転が捗りそうですw


リアコンビネーションランプも、ヘッドライトと同じようなデザインのクリアランスランプが搭載されています。
なんだか未来の車みたいなデザインですよね。
クリアランスランプ以外は、外側からブレーキランプ(LED)、ウィンカー(バルブ)、バックランプ(バルブ)となっています。
BNアクセラになればバックランプぐらいはLEDになるでしょうか?


そしてライセンスランプがいまだに薄暗いアンバーバルブです。
最近、プリウスとかほとんどのホンダ車なども純正でLEDになっているので、ここぐらいは白色LEDがよかったなぁ。
まぁここはのちのち交換しようと思います。


アクセラちゃんは横顔がイケメンさんです。

というわけで、親バカ全開のエクステリア紹介でした。
やっぱり新しい車はいいね!
アクセラは3年ぐらい前からずっと欲しかった車なので、手にした時の感動はすごかったです。
これからも大事に乗っていこうと思いますよ~。

次回は何を紹介しようかな笑


でわでわ。

iPhone 7 Plusから投稿
関連記事

コメント

No title

アクセラちゃんやはりカッコイイですね!
アテンザセダンもそうですが前も後ろも斜めから見た時が最高ですね
マフラーは僕も気になってましたがセダンはハイブリッドのイメージを考慮してグレード問わず隠す仕様にしたとか・・・
隠すのはハイブリッドだけにしたら?って感じですけどw
色もシチュエーションによって黒に見えたり灰色だったり
単純なグレーではなく深い感じがしますね
納車まであと1ヶ月を切りましたが自分のマシーングレーセダンの実車見るのが楽しみになりましたしセダンマシングレーの画像は貴重なので目の保養になりましたw

2017/08/30 (Wed) 02:38 | nekoneko #- | URL | 編集
Re: No title

nekonekoさんコメントありがとうございます。
前にTwitterで声をかけてくださった方ですよね?


> アクセラちゃんやはりカッコイイですね!
> アテンザセダンもそうですが前も後ろも斜めから見た時が最高ですね

アクセラのデザインは最高の一言に尽きますね!
斜めから見たときの感じはすごい良さです。
フロントに関してはセダンもスポーツも全く同じですが、リアのデザインはセダン特有の美しさがあると思います。
スポーツのケツも良いですが、やはりあの流線型が堪りません。


> マフラーは僕も気になってましたがセダンはハイブリッドのイメージを考慮してグレード問わず隠す仕様にしたとか・・・
> 隠すのはハイブリッドだけにしたら?って感じですけどw

確かにハイブリッドカーはマフラーがバンパーの外に出ていない車が多いですね。
でもアクセラはかなりスポーティな感じなので、ハイブリッドでも隠れていなくていいと思いますね…。
ハイブリッドにはリアスポイラーが標準装備されていて、セダンと差別化されている部分もあるので、バンパーを別形状にしてセダンはスポーツと同じようにマフラーカッターをつけてくれても良かったのでは…と思ってしまいますねw


> 色もシチュエーションによって黒に見えたり灰色だったり
> 単純なグレーではなく深い感じがしますね
> 納車まであと1ヶ月を切りましたが自分のマシーングレーセダンの実車見るのが楽しみになりましたしセダンマシングレーの画像は貴重なので目の保養になりましたw

MC前まで設定されていたメテオグレーマイカと比べると、光の当たり方によってかなり色が変化するので、いろんな表情を楽しめる色ですね。
おお!いよいよ納車ですね!1ヶ月なんてあっという間だと思います。
それは光栄ですw確かにただでさえセダンは売れてないですし、MC後からしか設定がないマシーングレーは特に少ないかもしれないですね。
納車の日が楽しみですね。ボクもアクセラセダン乗りが増えることを楽しみにしています笑笑

2017/08/30 (Wed) 19:49 | うめち #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する